健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

タカミ / 「タカミ リップエッセンス プラス」の10月度売上高200%を達成

化粧品「タカミ リップエッセンス プラス」写真 (株)タカミ(本社東京都港区、岡村雄嗣社長)は、化粧品「タカミ リップエッセンス プラス」の10月度売上高200%(8月度と比較)を達成した。同社では売上高が好調に推移している理由について、有名モデルやヘアメイクアップアーティストが使用していることが多く、メディアに露出する機会が多いからだとみている。タレントの藤原紀香さんが書いた講談社発刊の「紀香バディ」にも掲載されているという。販路は、クリニック、自社ネットショップ、一部他社ネットショップ。
 同社は、美容皮膚科である「タカミクリニック南青山」が患者に処方していた医薬品を、化粧品化した製品を販売する会社。「タカミクリニック南青山」の累計15万症例の経験を生かし、商品化している。
 配合しているのは、唇のシミ、シワ、くすみを改善するアンチエイジング効果の高い“ビタミンC誘導体”・“ビタミンE誘導体”、“コラーゲン”の生成を促進する“ヒドロキシプロリン”(アミノ酸)、皮膚科で抗炎症剤として使用され、唇の荒れを穏やかに鎮める“アズレン”、消炎効果があり肌荒れ防止効果に優れる“グリチルリチン酸スペアリル”、唇の血行を良くする“遠赤外線パウダー”、紫外線によって唇の色は退色するので紫外線散乱剤“酸化チタン”、保湿効果が高く唇表面を口紅に使用されるタール色素の浸透から防止する“ワセリン”のうち、皮膚科で処方される外用軟膏などの基材として使われる精製度の高いもの。モニターテストでは、1ヵ月と10日で唇の縦ジワが取れたという事例もある。唇の上からグロスとして塗っても効果を発揮する。
 2004年の発売以来、1人平均約10本リピートしており、愛用者からは、「赤ちゃんみたいな唇になった」、「口紅の上からも使えて使い勝手が良い」などの声が挙がっている。
 税込み価格は6g・2625円。

2007年11月28日 15:10