健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

日本健康・栄養食品協会 / 2007年度の特定保健用食品(トクホ)の市場規模6798億円に

(財)日本健康・栄養食品協会(東京都新宿区、林裕造理事長)は29日、2007年度のトクホ市場規模が6798億円(メーカー希望小売価格ベース)と推定されることを報告した。2007年11月から12月にかけアンケート調査を行い、集計結果を中心に推定した。  アンケートは2007年11月末現在の許可取得数743品目を対象とし、そのうち89.1%となる662品目について回答が得られた。1997年から隔年で行われており、今回が6回目。6798億円は前回2005年度の6299億円から金額で499億円、比率で7.9%の増加(図1)となった。

「2007年度のトクホ市場アンケート調査」図

保険の用途別では中性脂肪・体脂肪関連が725億円増で05年比182.4%。以下、血圧関連が102億円増(同169.6%)、コレステロールが2億円増(102%)だった(表1)。

「2007年度のトクホ市場アンケート調査」図

表示許可・承認数は2007年12月末現在で755品目。2006年1月から2007年12月の2年間に表示許可を受けたトクホ食品から失効を除いた2年間の年間許可件数は186品目で、そのうち、2007年分の件数は128品目。これは年間許可数で過去最大だった。  また、流通経路別市場構成では、今回新たにネット通販の項目を設置。その結果、通販内の約25%を占め、金額は約15億円に達した。さらに今回、広告媒体に関する調査も実施。インターネットが25.1%で1位、2位雑誌、3位新聞と続いた(表2)。

「2007年度のトクホ市場アンケート調査」図

今年4月からは特定健診・保健指導がスタート。トクホのニーズは増大するとみられており、その市場規模は今後も増進を続けそうだ。

2008年02月29日 20:40