健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

世界初!レチノイド様作用成分・フコキサンチン配合の表皮性色素沈着除去&シワ抑制エッセンス!『イーピーエッセンスFX』発売

リリース画像 (株)ビーティフィック(本社/大阪市 中西博文社長)より表皮性色素沈着除去及びシワ抑制効果が実証された世界初のレチノイド様作用成分・フコキサンチン配合の画期的美容エッセンス『イーピーエッセンスFX』が発売された。  昨今の美容業界において「表皮性色素沈着」はアンチエイジング対策のなかでも重要なトピックとしてとりあげられている。従来のシミに対する治療は、クリニックでのレーザーやレチノイン酸治療が主であり、家庭やエステでのケアはアルブチン、エラグ酸を配合した美白化粧品や、ビタミンC誘導体のイオン導入など、シミの予防や抑制効果を期待するレベルにとどまっていた。  クリニックで使用されているレチノイン酸は米国では外用治療薬としてFDAより認可されているが、日本では外用剤として認可を受けていない。使用においては体質により様々な副作用も危惧され、皮膚炎症等の刺激が強すぎる事から、炎症性色素沈着の原因となる例もある為、医師の指導のもと適切な治療が必要となっている。  フコキサンチンは褐藻類にごく微量含まれるカロチノイドの一種で一般的に知られるカロチノイド以上に強い抗酸化力を持ち、レチノイン酸の代替成分として、嫌気的条件下でも活性が低下しないことから、肝班、老人性色素班、雀卵班、炎症性色素沈着等の表皮性色素沈着やシワ、たるみ等の抑制・改善に有効であることが研究の結果証明されている。  また、フコキサンチンの持つアンチエイジング効果はレチノイン酸と同様でありながらも、構造の微妙な違いから皮膚炎症等の刺激や炎症性色素沈着等の副作用のリスクが全くないことが明らかとなっており、これまでのシミ・シワトリートメントの常識を覆す存在となる。 リリース画像 同社はフコキサンチンの持つレチノイド様作用に一早く着目し、同成分を配合した商品の開発に着手した。これが『イーピーエッセンスFX』である。エレクトロポレーション導入マシン「イーポレーション®・シリーズ」の導入エッセンスとして『イーピーエッセンスFX』をエレクトロポレーションにより真皮下まで確実に導入することで、従来のエステ技術では実現し得なかった表皮性色素沈着の除去が可能となったのである。  フコキサンチンによる表皮性色素沈着除去効果は、ハイドロックス飯能研究所所長の谷久典所長(農学博士)、服部隆史技術開発部長(農学博士)らにより研究及び発表がなされている。また、しわ抑制効果は、京都大学大学院農学研究科の平田考教授(農学博士)、菅原達也准教授(農学博士)らにより研究及び特許出願公開がなされている。

2008年11月28日 10:22

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ビューティーワールド ジャパン ウエスト 2020
2020/10/19(月)~21(水)
インテックス大阪

FABEX関西 2020
2020/10/28(水)~30(金)
インテックス大阪

次世代ヘルスケアプロジェクト「第3回 ぐっすり EXPO」「第3回 健康診断・健康管理 EXPO」「第3回 メディスポ」「第2回 カラダ改善食品展」「第2回 温活 EXPO」
2020/11/11(水)~13(金)
東京ビッグサイト 西展示棟

食品開発展2020(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
2020/11/16(月)~18(水)
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム