健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

軽度認知障害(MCI)の疑いがある方において、ビフィズス菌 MCC1274 摂取による認知機能改善作用と血中 HbA1c が相関することを確認 /森永乳業

森永乳業株式会社は、認知機能改善作用が確認されている同社独自保有のビフィズス菌である Bifidobacterium breveMCC1274(以下 B. breve MCC1274)について、軽度認知障害※1が疑われる方 80 名を対象としたプラセボ対照ランダム化二重盲検並行群間比較試験を実施し、総合的な認知機能が顕著に改善したことを 2020 年 7 月にご報告いたしました。その後の追加解析により、血中 HbA1c(ヘモグロビン エー ワン シー)※2 と認知機能改善作用に相関関係があることを確認しました。なお同研究成果は、科学雑誌「Journal of Alzheimer’s Disease」※3に 2021 年 4 月 15 日に掲載されました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◎ 研究背景と目的
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
近年、腸内細菌が健康と密接に連関していることが明らかになっており、腸内細菌を含めた腸と脳が機能連関することを意味する“脳腸相関”が注目されています。森永乳業では、50 年以上にわたりビフィズス菌の研究を行っており、“脳腸相関”にも注目し、ビフィズス菌摂取による認知機能改善を目指しています。これまで同社では、B. breve MCC1274 において軽度認知障害が疑われる方や物忘れが気になる方に対する認知機能改善作用の可能性について報告を行ってまいりました※4。特に 2020 年 7 月にご報告した、軽度認知障害が疑われる方を対象とした臨床試験では、B. breve MCC1274 摂取による顕著な認知機能改善作用が確認されました。このたび B. breve MCC1274 の作用機序を検討するため、臨床試験における認知機能改善作用と血中パラメーターとの関連性を検討いたしました。

※1 軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)
認知症の前段階である軽度認知障害(MCI: Mild Cognitive Impairment)は、現在国内では約 400 万人、世界的には国によって 65歳以上の人口の 7~42%が MCI状態であると推計されています(Petersen ら、J Intern Med 275,214-228、2014)。MCI の方には、認知機能の低下が起きており、年間 10~30%の方が認知症に移行するとされていますが(2019 年 6 月 厚生労働省 認知症施策の総合的な推進について)、MCI は可逆的な状態であるため、認知機能が正常な状態へと回復する可能性があります。そのため、MCI と診断された場合であっても、認知機能の改善又は維持ができれば認知症への移行を遅らせたり、予防できる可能性があります。現在、MCI や認知症に対する有効な治療法がない中、発症予防に注目が集まっており、特に、生活習慣の改善など日常生活の中で実践できる有効な対策が求められています。

※2 HbA1c(ヘモグロビン A1c)
赤血球内のたんぱく質の一種であるヘモグロビンと血中のブドウ糖が結合した糖化産物の総称です。直近 1~2 ヶ月の平均的な血糖値を反映する血中パラメーターであると同時に、アルツハイマー病などの炎症性神経変性疾患との関連性が報告されています。アルツハイマー病は「3 型糖尿病」とも言われており、糖尿病患者の認知症の発症リスクは、健常者に比べて 2~4 倍も高いと言われていることから、血糖値を適切にコントロールすることが重要であると考えられています。

※3 論文タイトル
Association of plasma hemoglobin A1c with improvement of cognitive functions by Probiotic Bifidobacterium breve supplementation in healthy adults with mild cognitive impairment.

※4 B. breve MCC1274 を用いた主な既往研究について
(1)プレ臨床試験にて、B. breve MCC1274 が認知機能改善作用を示すことを、2017 年 10 月 18 日に科学雑誌「Scientific Reports」に報告しました(タイトル:Therapeutic potential of Bifidobacterium breve strain A1 for preventing cognitive impairment in Alzheimer’s disease)。

(2)軽度認知障害が疑われる方における認知機能改善作用を、2018年3月31日に科学雑誌「The Journal of Prevention of Alzheimer’s Disease」に報告しました(タイトル:Bifidobacterium breve A1 supplementationimproved cognitive decline in older adults with mild cognitive impairment: An open label, single-arm study)。

(3)物忘れが気になる方における認知機能改善作用を、2019 年 5 月 28 日に科学雑誌「Beneficial Microbes」に報告しました(タイトル:Effects of Bifidobacterium breve A1 on the cognitive function of older adults withmemory complaints: a randomised, double-blind, placebo-controlled trial)。

(4)軽度認知障害が疑われる方における認知機能改善作用を、2020 年 7 月 3 日に科学雑誌「Journal of Alzheimer’s Disease」に報告しました(タイトル:Probiotic Bifidobacterium breve in improving cognitive functions of older adults with suspected mild cognitive impairment: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial)。

【詳細は下記URLをご参照ください】
森永乳業株式会社 2021年4月27日発表
森永乳業株式会社 公式サイト

2021年04月27日 15:12

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ifia JAPAN 2021/HFE JAPAN 2021
2021/5/12(水)~14(金)
パシフィコ横浜

第1回 CareTEX札幌’21
2021/5/18(火)~19(水)
札幌コンベンションセンター

CITE JAPAN 2021
2021/5/19(水)~21(金)
パシフィコ横浜

第31回 西日本食品産業創造展’21
2021/5/19(水)~21(金)
マリンメッセ福岡

オリーブオイル 関西2021
2021/5/25(火)~27(木)
インテックス大阪

FOOD STYLE Kansai 2021
2021/5/25(火)~27(木)
インテックス大阪