中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査/ヴァリューズ 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 流通 > 中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査/ヴァリューズ

中国人女性の日韓化粧品ブランド認知・購入状況調査/ヴァリューズ

株式会社ヴァリューズは、中国本土でインターネットリサーチを実施し、中国人女性の日本と韓国の化粧品ブランド認知状況について調査しました。

年々増え続け、2017年には延べ700万人以上が日本を訪れた(*1)中国人の消費は、「爆買い」が落ち着いてからもインバウンド産業の最大のターゲット層であり続けています。最近では中国人の中でも旅行先として日本の人気が高まっており、中国の旅行予約サイト大手、携程旅行網(シートリップ)が発表した今年の国慶節期間中の人気旅行先ランキングでは、日本が初めて首位に立ちました(*2)。

直近のヴァリューズの調査では、訪日中国人が日本滞在中に購入する品目の中で最も多くの人に購入されているのは化粧品でした。また、日本滞在中に限らず、帰国後の越境ECでの購入率も化粧品が1位となっています。中国人は日本のどの化粧品ブランドを求めて来日するのでしょうか。本調査では、日本と同じく中国人の旅行先として人気のある韓国のブランドと比較しながら、中国人女性の化粧品ブランド認知状況、購入状況を探りました。

*1 月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)|統計・データ|日本政府観光局(JNTO)
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf
*2 中国人の「国慶節」人気旅行先、日本が初の首位 (写真=共同) :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3553935019092018FFE000/

【調査概要】
中国本土の大手市場調査会社モニター会員の協力のもと、越境ECの利用習慣があり、かつ過去1年間に訪日経験のある中国人女性に対して、化粧品ブランドの認知、購買状況や越境ECの利用状況、美容に対する意識等についてアンケート調査を実施しました。
※ 回答期間 : 2018年6月28日~2018年7月9日
※ 全体回答者数 : 4,112人
※ 有効回答者数 : 1,059人
※ 性年代別インターネット人口に則したウェイトバック集計後の有効サンプルサイズ : 1,032 ss

【結果サマリー】
◆ 訪日経験のある中国人女性の9割が資生堂を認知。韓国の3ブランドがSK-II超え。
越境ECの利用習慣があり、かつ過去1年間に訪日経験のある中国人女性の各化粧品ブランド認知率をランキングにしたところ【図1】、認知率90%に達した資生堂が圧倒的1位となりました。日本のブランドでは資生堂以下、SK-II、雪肌精、花王、コーセーと続き、DHCまでが過半数からの認知を得ていました。
一方、韓国のブランドも高い認知率を得ており、雪花秀 (ソルファス)、innisfree (イニスフリー)、LANEIGE (ラネージュ) の3ブランドが日本ブランド2位のSK-IIを上回る順位となりました。

20181106_p01.png

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社ヴァリューズ/PRTIMES     2018年11月6日発表
株式会社ヴァリューズ    ホームページ

 

 

2018年11月 6日 11:37 [流通]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.