第1回 「そもそも広告とPRってどう違うの?」 特集記事【健康美容ニュース】

第1回 「そもそも広告とPRってどう違うの?」

101015_02head.jpg

「広告は沢山出すほど売れる時代はとうの昔に終っている。」

これは皆様周知の事実かと思います。

売る側から一方的に情報提供していた「売り手市場」から買う側同士のコミュニティ(口コミ)や、商品選択の情報ルートが豊富な「買い手市場」になった事が、大きな要因として挙げられています。

でも何かしら世の中に露出をしなければ、消費者に商品認知すらしてもらえませんよね。

1018-sp_copy.jpg

そこで最近、ビジネス書などで指南されるようになったのが「広告よりPRの時代」

「PRなら無料で広告が出来る」というたぐいの言葉。

売り手発信の「広告」ではなく、第3者であるメディアの記事や消費者の口コミで、信憑性の高い商品PRをしましょう、という事です。

普段皆さんがよく使っている「自己PR」という言葉の意味が「自己売り込み」と捉えられてる影響か、「PR=宣伝」と解釈される事が多く、その為「広告とPRって何が違うの?」という疑問を持たれる方が多いようです。

さて、では「広告」と「PR」は何が違うのでしょう?

企業や商品、サービスの「PR」という言葉の意味は、ざっくり分けて3種類あります。

1.プレスリリース(Press Release)

企業がメディアや消費者に向けて情報発信するツール。

2.パブリックリレーションズ(Public Relations)

広報戦略。企業がメディアや消費者、ステークホルダー(利害関係がありうる全ての人、団体)などの社会と円滑な関係を築く為の活動。

情報のリリースと収集、記者発表会や関連イベントの実施、WEBサイトの情報管理と発信、社内コミュニケーションの充実、メディアキャラバン、危機管理など、内容は多岐に渡る。

3.プロモーションリリース(Promotion Release)

宣伝。

「広告よりPRの時代」でいう「PR」とは、3ではなく、2の「パブリックリレーション」を指しています。

円滑で効果的なパブリックリレーションを行えば、結果として広告を出すと同様の商品認知、売り上げに繋がる、という意味ですね。

前途の「PRなら無料で広告が出来る」は、PRと広告は別物である事から業界では賛否両論ありますが、結果だけを見ればその通りとも言えます。

広告とPR(広報戦略)・・・意味の違いは分かったけど、具体的にどうしていけば良いのでしょうか?

それは次回からご説明したいと思います。

==============================================================================

筆者:Ricky(日本PRプランナー協会認定 PRプランナー、ライター)

小売業販売部長、広告イベント企画、企業広報を経てPRプランナーへ転身。ターゲットメディアに合わせ、小回りを効かせた「滝流れ式PR(笑)」が得意(ニッチメディアからスタートし、滝のように自然に話題を大きくしていく方法です)。「面白いリリースを書くね」と数社の編集部に誘われライターも兼業。

*お問合せ、ご相談やお仕事の依頼はブログのメッセージからどうぞ http://ameblo.jp/supimeshi/

==============================================================================

 

 

バックナンバー

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

化粧品 amazon 売れ筋ランキング
美容液
2位:エバメール ゲルクリーム 詰替500g(S)
2
エバメール ゲルクリーム 詰替500g(S)
エバメール化粧品  \4234
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.