禿頭症の男性は心疾患リスクが高い 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 男性の健康 > 禿頭症の男性は心疾患リスクが高い

禿頭症の男性は心疾患リスクが高い

20130416_w01.jpg男性の禿頭(とくとう)症(薄毛)が冠動脈疾患に関連する可能性を日本の研究グループが示した。研究論文は、オンライン医学誌「BMJ Open」に4月3日掲載された。ただし、該当するのは頭頂部の禿頭症のみで、生え際後退の場合ではリスクはないという。

今回の知見は、約3万7,000人の男性を対象とした6件の発表済み研究の分析に基づいたもの。東京大学大学院医学系研究科の山田朋英氏らの研究グループは、今回の研究が小規模であることを認めつつも、頭頂部禿頭症の男性は、非禿頭症や生え際後退に比べ、心疾患を発症するリスクが32~84%高いとしている。なお、今回のレビューでは禿頭症と心疾患リスクの関連が認められたが、因果関係は明らかにされていない。

男性型禿頭症(アンドロゲン性脱毛症)は成人男性に最もよくみられるタイプの脱毛症で、男性の40%を占め、80歳までに男性の約5人に4人が禿頭症になるという。今回の研究では、1950年~2012年のデータベースを分析した。関連する850件の研究から、米国、デンマーク、クロアチアで1993年~2008年に発表された6件を選択した。被験者を11年以上追跡した3件の試験では、禿頭症男性の心疾患リスクが他の男性よりも33%高く、55~60歳ではさらにリスクが高い(44%)ことが示された。禿頭症の男性とそうでない男性の心臓リスクを比較した別の3件の研究では、禿頭症男性の心疾患リスクが70%高く、若年の禿頭症男性では84%高かった。さらに、脱毛が重症であるほどリスクも高いことがわかった。

このような関連がみられる理由は不明だが、禿頭症がインスリン抵抗性、慢性炎症、テストステロンの感受性の高さ(いずれも心疾患発症の因子)のマーカーとなる可能性があると研究チームは理論付けている。いずれにせよ、禿頭症の男性がすべきことは、あらゆる男性についていえることだが、「年齢、高血圧、血中脂質の異常、喫煙歴などのリスクファクター(危険因子)を緩和するため、低脂肪食、運動、ストレスの軽減など、心臓によい生活習慣を取り入れることだ」と、山田氏は述べている。

米国の専門家らもこれに同意し、禿頭症かどうかにかかわらず、心臓によい生活習慣が重要であるとしている。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院(ボストン)のChristopher Cannon氏は、「残念ながら私も該当するようだが、心疾患リスクの高い人は従来有効とされる方法でリスク低減に努める必要がある」と述べている。(HealthDay News 4月3日)


http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=675084
Copyright (c) 2013 HealthDay. All rights reserved.

2013年4月16日 19:15 [男性の健康]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年4月18日(水)~20日(金)
ファインケミカルジャパン2018

2018年6月27日(水)~29日(金)
第3回 ドリンク ジャパン

ダイエットDVD&グッズ amazon 売れ筋ランキング
マッサージオイル
3位:キダ (エミューオイル&MSM配合クリーム) 80g
4位:【2個セット】カソーダ(ヒマシ油&重曹配合保湿バーム)[海外直送品]
4
【2個セット】カソーダ(ヒマシ油&重曹配合保湿バーム)[海外直送品]
Heritage Products(ヘリテイジプロダクツ)  \1135
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.