健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

加湿器のリコール情報について/消費者庁

2015年1月21日、消費庁は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告のあった重大製品事故について、株式会社ミュージーコーポレーションが輸入し、株式会社山善が販売した加湿器のリコール情報(製品回収及び返金)を以下のとおり公表しました。

20150122_g001.jpg

株式会社ミュージーコーポレーションが輸入し、株式会社山善が販売した加湿器について、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。これらの事故情報は、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき、重大製品事故の報告を受け、製品起因が疑われる事故として公表していたものです。(別紙参照)株式会社山善は、事故の再発防止を図るため、1月22日から対象製品(下記③)の回収及び返金を実施します。対象製品を保有していないか御確認ください。対象製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、同社に御連絡ください。

○株式会社ミュージーコーポレーションが輸入し、株式会社山善が販売した加湿器について
■事故事象について
株式会社ミュージーコーポレーションが輸入し、株式会社山善が販売した加湿器について、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。対象製品について、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告を受けた重大製品事故は、2件です(管理番号:A201100893及びA201300581)。2013年(平成25年)11月19日に発生した重大製品事故(管理番号:A201300581)の原因については、現在、調査中ですが、蒸発皿に水垢が固着した状態で使用を続けることにより、内部部品が異常過熱し、出火に至ったものと考えられます。また、2012年(平成24年)1月17日に発生した重大製品事故(管理番号:A201100893)については、本体ケースと蒸発皿との間に水垢が固着したため、本体ケースに亀裂を生じ、漏れた水が内部部品に浸入したことによる出火と考えられるものとして調査を終了し、その結果を公表済みです。(別紙参照)なお、これら2件の事故は、いずれも人的被害には至っておりません。
■再発防止策について
株式会社山善は、事故の再発防止を図るため、本日(1月21日)、ウェブサイトへの情報掲載を行うとともに、翌22日に新聞社告を行い、対象製品の回収及び返金を呼び掛けます。

■対象製品:製品名、型番、対象台数、販売期間
製 品 名:YAMAZEN スチーム式加湿器
型 番:DSKI-320P
対象台数:22,850台
販売期間:2006年9月~2008年1月

■事業者の対応
対象製品について、製品回収及び返金を実施します(2015年1月22日から受付開始)。

■事業者の告知
・ウェブサイトへの情報掲載 2015年1月21日(水)
・新聞社告 2015年1月22日(木)
・販売店等への協力依頼 2015年1月22日(木)以降、順次

■消費者への注意喚起
対象製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、速やかに下記問合せ先まで御連絡ください。

※詳細下記URL(またはPDF)をご参照ください。
◎消費者庁 2014年1月31日発表
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150121kouhyou_1.pdf

◎消費者庁
http://www.caa.go.jp/

 

2015年01月22日 14:13

関連記事

健康・美容イベント情報

第22回 JAPANドラッグストアショー
2022/8/19(金)~21(日)
東京ビッグサイト 東展示棟3・4・5・6ホール

フロントオフィスDXPO 東京’22
2022/8/25(木)~26(金)
東京ビッグサイト 東7ホール