今シーズンのインフルエンザ株はオセルタミビル耐性のものが多い 【海外ニュース】

今シーズンのインフルエンザ株はオセルタミビル耐性のものが多い

0119.jpg
今シーズン最も多くみられるインフルエンザウイルス株は、一般的な抗ウイルス薬オセルタミビル(商品名:タミフル)に耐性を持つ。ただし、米国保健 当局は、現時点ではインフルエンザの季節が遅く、他の薬剤がこの特定のウイルスに対して十分作用することから、パニックに陥る必要はないとして見守る姿勢 をとっている。

米国疾病管理予防センター(CDC)インフルエンザ予防部門責任者のJoseph Bresee博士によれば、米国では今年(2009年)、オセルタミビルに耐性を持つインフルエンザウイルス(H1N1)の比率が、昨年(2008年)の 約10%からH1N1株全体に増加したという。CDCでは2週間前に発行した新たなガイドラインで、医師にインフルエンザが疑われる症例に検査を実施し、 A型かB型かを確認し、A型であればH1かH3かを確認することを促している。

Bresee氏は「大騒ぎするつもりはなく、現在は観察中である。現在広まっている最も多いインフルエンザは耐性株だが、時期が早く、症例数も少な い。症例数が増えれば、別のウイルスが一般的になる可能性もある」と説明。オセルタミビルの代替としてザナミビル(商品名:リレンザ)や rimantadineリマンダジン(Flumadine、日本国内では未承認)を挙げ、さらに「広まっているインフルエンザウイルス株はどれもインフル エンザワクチンで予防可能。今から予防接種を受けても遅くない」としている。

米ニューヨーク州立大学ダウンステートDownstateメディカルセンターのPascal James Imperato博士は、オセルタミビル耐性は他国で上気道感染症の治療に使用されたために発現したと考えている。同氏は「オセルタミビルは世界各地で、 上気道感染症に対してかなり使用されており、H1N1ウイルスの軽微な変異がオセルタミビルの作用を阻害すると考えられる」と述べている。

米国では、インフルエンザにより毎年約3万6,000人が死亡し、その大多数が高齢者か乳幼児、または喘息や心疾患などの症状のある人である。インフルエンザによる肺炎は通常、致死的な合併症となる。(HealthDay News 1月8日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=622940
Copyright 潤・2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.
2009年1月19日 18:06 [主な疾患]|[医療全般]|[薬剤情報]

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年8月 展示会情報

2017年8月8日(火)~10日(木)
第10回 かなざわマッチング商談会

企画特集

中国産原料にまつわる負の要素を跳ね返す経営戦略

中国産原料にまつわる負の要素を跳ね返す経営戦略

徐々に光明が差し込みつつあるものの、どんよりと閉塞感が漂う健康食品業界。そうした中でも、着実に前進を続ける企業は数多く存在する。2001年3月の設立から業績を伸ばし続ける健康食品原料サプライヤーの株式会社中原もその一つ。なぜ同社は前進を続けられるのか。その秘訣を探った。

ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート第25回

第25回 体の衰えとエイジフレンドリーな対応

エイジフレンドリーという言葉をご存知だろうか。シニアは、気は若くても体は衰えてきている。そうした衰えをさりげなくサポートすることを「エイジフレン ドリー」という。高齢社会における、サービスに付加価値を与える「エイジフレンドリーな対応」を実現するためには、加齢による肉体の変化について理解して おく必要がある。

第12回 らら女性総合クリニック 松村 圭子先生

第12回 らら女性総合クリニック 松村 圭子先生

「だらしがない」、が本来の意味の「ずぼら」。美を保つのには、とても縁がなさそうなキーワードですが、実はそうでもないらしいです。「らら女性総合クリニック」の松村啓子院長が、そのココロについて解説します。

ドラッグストア研究会 松村 清 最新USレポート第24回

第24回 心のつながり(ハイタッチ)

今後、消費社会の“主役”になりうるシニア層。確実に人口比率を増すこの層には、従来のアプローチは通用しない。キーワードとなるのは「心のつながり」だ。

「消費者の声に“本当に応える”開発者になりたい」という想いが起業の原点

「消費者の声に“本当に応える”開発者になりたい」という想いが起業の原点

26歳のときにはすでに60名もの助手を抱えるリーダーとして、製薬会社の研究・開発に没頭。健康食品メーカーに転職したのち、31歳で株式会社ライフサ ポート設立。化粧品・健康食品等のOEM受託ビジネスを中心に猛スピードで突進してきた小松氏に、今年から始動する大型プロジェクトなどを含め製品開発の コンセプトやビジョンについて伺った。

第11回 東京警察病院 澤田 彰史先生

第11回 東京警察病院 澤田 彰史先生

いま、世の中ではあらゆる場面で格差が拡大している。美の世界も例外ではない。専門家はアンチエイジングの領域にも格差があると指摘する。なぜ、抗加齢に格差がつき、広がっているのか。

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2009 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.