健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

平成22年国民健康・栄養調査結果の概要

厚生労働省では、平成22年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を別添のとおり取りまとめましたので、公表します。

【調査結果のポイント】
〈循環器疾患に関する状況〉
・主な疾患の既往歴として、「脳卒中」といわれたことがある者の割合は男性5.7%、女性3.3%。平成12年に比べて男女とも増加。「心筋梗塞」といわれたことがある者の割合は男性2.7%、女性0.9%。「狭心症」といわれたことがある者の割合は男性3.8%、女性2.8%。平成12年と比べて男女ともその割合は変わらない(P3)。

・最高血圧、最低血圧の平均値は男性133.9mmHg、82.4mmHg、女性126.2mmHg、77.0mmHg。平成12年と比べて男女とも変わらない。一方、高血圧症有病者の割合は男性60.0%、女性44.6%で、平成12年と比べて男性は増加し、女性は変わらない(P4)。
・循環器疾患発症の危険因子として、平成15年と比べて改善しているものは、喫煙者の割合、食塩摂取量の平均値、運動習慣者の割合。一方、悪化しているものは、カリウム摂取量の平均値(P10)。
・生活習慣病の予防、改善を目的とした生活習慣の改善に取り組んでいる者の割合は男性50.4%、女性57.6%(P13)。

〈たばこに関する状況〉
・現在習慣的に喫煙している者の割合は男性32.2%、女性8.4%、総数19.5%であり、前年に比べて男女とも減少(P24)。また、現在習慣的に喫煙している者で、たばこをやめたいと思う者の割合は男性35.9%、女性43.6%。前年に比べて男性は増加し、女性は変わらない(P25)。
・受動喫煙の影響をほぼ毎日受けた者の割合は、平成15年と比べて全ての場(家庭、職場、飲食店、遊戯場)で減少(P26)。 

〈所得と生活習慣等に関する状況〉
・世帯の所得が600万円以上の世帯員と比べて、200万円未満、200万円以上~600万円未満の世帯員は、女性の肥満者、朝食欠食者、運動習慣のない者、現在習慣的に喫煙している者の割合が高く、野菜の摂取量が少なかった(P31,32)。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb.html

2012年01月31日 20:18

花粉症の症状を確実に緩和する”法則”

120126-tp1.jpg

敏感な人にはすでに症状が出始めている花粉症。花粉症持ちの多くは、本格シーズン突入を前に憂うつになっていることだろう。グズつく鼻、かゆい目、止まらないくしゃみ…。何をするにも集中力を妨げるあの不快感とは、今年こそ縁を切りたい――。安心しよう。花粉症患者全員の悲願ともいえる、アノ症状を緩和する法則は、確かに存在する。

“黄金の法則”を知る前にまず理解しておくべきことがある。それは、花粉症は若年で発症した人ほど、完治する可能性が低いということ。つまり、発症したら、長い付き合いになるということである。従って、患者にとって花粉症の治療は、完治させるため、というよりもその症状緩和のため、ということだ。なんとなくは分かっていてもこの点はしっかりと認識しておく必要がある。

その上で、エデルマン・ジャパン株式会社が設計し、脳神経疾患研究所附属総合南東北病院アレルギー・頭頸部センター所長・今野昭義氏が監修した、昨年11月に20歳から84歳の男女2089人を対象にインターネットで行った「花粉症患者意識調査」をみてみよう。そうすると、確実に症状を緩和する法則が浮かび上がってくる。

治療においてどれだけの人がその方針を理解しているのか、の項目。ここでは「とてもよく分かった」「大体分かった」を合わせ、85.2%が理解。そして、「再診時、医師の説明を受けた後の患者の気持ち」の項目では、43.7%の人が「治療に前向きになった」と回答。その内、「医師が自身の症状に気遣ってくれた」と感じている人は、そうでないと感じている人に比べ、約6倍もそう感じる結果が出ている。

120126-tp2.jpg

この結果からいえるのは、治療を共に行っている、という一体感を医師が示すことで、患者はその治療に前向きになれるというわけである。大半が、治療の方針を理解していることを考えると、そこから先、いかに両者が良好な関係を築き上げるか、が花粉症治療の効果を上げる大きなポイントのひとつといえそうだ。

治療開始後の効果についての項では、治療薬の種類ごとに調査が行われている。ここで、全てに共通しているのは、患者がその服用にあたり、自ら積極的に参加している、つまりアドヒアランス(服薬遵守)が良好な場合にその効果実感が顕著に高くなっているという点。これら2つの結果から花粉症の治療効果を高めるもうひとつの法則がみえてくる。それが「アドヒアランス」だ。

調査の設計・分析を監修された脳神経疾患研究所附属総合南東北病院アレルギー・頭頸部センター所長・今野昭義氏は次のように解説する。「調査全体をみてもアドヒアランスが高いと効果を実感できるのが明らか。そこで大切なのが、患者と医師のコミュニケーション。現実的には、花粉症シーズンには患者が集中するため、そうした時間は限られるが、医師側では問診表の有効活用、待ち時間での患者説明用資材の活用、患者側では比較的すいているシーズン前の早目の受診など、やれることはいろいろとある」と解説する。

さらに自治医科大学医学部耳鼻咽喉科学教室教授の市村恵一氏は、治療満足度の向上策について「初診時に諸症状確認後、患者が治療に対し何を優先するかを聴き、患者個別の事情を考慮した治療を行うこと意向を示すことが大切」と提言する。東京女子医科大学医学部医学科眼科学教室臨床教授の高村悦子氏は、眼科医の立場から「調査ではほとんどが眼科以外から点眼薬を処方されている。それが抗アレルギー点眼薬であれば処方後2~3週間経過後も症状が改善しない場合、眼科医へ紹介して欲しい。また、点眼薬の点し心地はアドヒアランスに影響するので好みを聴き、患者が納得した点眼薬を処方することも必要」と治療満足度向上への見解を述べた。

症状が出始める前の治療である「初期療法」にも大きな効果が期待できる。調査では、治療開始前の症状について「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「眼のかゆみ」にそれぞれ40%~50%が重症・最重症の強い症状を訴えている。今野医師によれば、治療の開始前にそうした状態にあるようでは遅すぎであり、「総体的により治療効果を高める意味でも早めの受診は大切」とシーズン中の症状緩和の効果的な治療として、初期療法の有効性を力説する。

「今年こそ快適に不快なシーズンを乗り切りたい」。この時期、そうやって気合を入れるのがいつの間にか毎年の恒例行事になってはいないだろうか。今年こそそんなむなしい思いにピリオドを打ちたいなら、(1)治療への積極参加の意識をしっかり持ち、(2)医師とのコミュニケーションを良好にし、(3)初期療法も含めた早めの受診を心がけることが、その第一歩といえそうだ。予報では、2012年の花粉飛散開始時期は、昨年と同じか遅め。飛散量は、昨年の7割減であるが、例年並みとされ、警戒が必要である。

2012年01月26日 17:16

緑茶エキス含有のシートマスクを限定販売/エイボン・プロダクツ

20120105-r1.jpgエイボン・プロダクツ株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長・CEO:羽鳥 成一郎)は、緑茶エキスでリラックス効果を促し、肌を引き締め、健やかな肌状態へ導くシートマスク「リラクシング マスク」を2012年1月4日(水)~2月8日(水)期間中、限定発売します。

【リラクシング マスクとは】
今回発売する「リラクシング マスク」は、リラックスと集中保湿が同時にできるシート状美容液マスクです。

年末年始はイベントが多く、疲れがたまりやすい時期。肌も同じようにダメージを受けたり、何となく乾燥やゴワつきが気になる方も多くなるタイミングです。そんな肌に、緑茶エキスがリラックス感を与え肌をすっきり引き締めながら、しっとり健やかな肌へ導くことを目指して誕生しました。

緑茶に含まれる成分には、リラックス感を与える働きがあり、シートマスクを肌にのせると、肌表面や鼻腔から脳に緑茶の成分が伝わり、脳がリラックスします。脳がリラックスすると、肌の機能が正常化すると言われており、緑茶の成分によるリラックス効果で肌全体の働きがサポートされ肌が引き締まります。

また、シートマスクにたっぷりと含まれた4種類の保湿成分と美容液成分が角層にゆきわたり、シートマスクをはがした後はふっくらみずみずみずしい肌へ導きます。

【製品概要】
■製品名  :リラクシング マスク
■価格   :1,575円(税込)
■発売日  :2012年1月4日(水)~2月8日(水)
■配合成分 :・緑茶エキス:保湿成分(肌にうるおいを与えつつ、引き締めたり、キメを整えたりします)
・水溶性コラーゲン:保湿成分(ふっくらとしたハリ感と、しっとりしたうるおいを与えます)
・ヒアルロン酸ナトリウム:保湿成分(肌にハリを与え、みずみずしさを保ちます)
・スクワラン:保湿成分(肌にもともとある潤い成分で、肌を保護する働きがあります)
■その他  :・弱酸性
・無香料
・アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起きないというわけではありません)
■使用方法 :・週1回~2回を目安にお使いください。
・洗顔のあと、袋からマスクを取り出し広げてから顔にのせ、
顔全体によくフィットさせ、10~15分間そのままおいてください。
・マスクを外したあとは、化粧水、乳液などで整えてください。

【お客様用製品お問い合わせ先】
■フリーダイヤル: 0120-100-200
(月~金9時~20時、土・日・祝9時~17時)
■インターネット: http://shop.avon.co.jp
■お近くのエイボンレディまで
■直営販売店  : エイボン ビューティセンター
・東京オペラシティ店
新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティビル1階
電話番号:03-3320-8888
・大阪梅田ディアモール店
大阪市北区梅田一丁目 大阪駅ダイヤモンド地下街3号
電話番号:06-6348-4671

世界を一つのマーケットと考え、グローバル企業へ/ファンケル

(株)ファンケル(神奈川県横浜市、成松義文社長)成松社長が2012年1月4日、年頭訓示を行った。

グローバル企業への歩みを着々と進める同社は今年、化粧品事業のリブランディングを実行する。その鍵となるのが、本格的なグローバル化となる。

「当社の今年のテーマはグローバル化。4月には化粧品事業のリブランディングがスタート、その半年後には健康食品事業も新戦略のもと、事業の再成長を図る。いずれの事業も見据える先はグローバル、つまり世界」と成松社長は2012年の展望を力強く語った。

高齢社会や景気低迷で縮む国内マーケット。日本企業にとって、事業拡大を図る上で、もはやその市場を世界へ向けるとことは必須といっていい状況となっている。危機感を持って、そうした流れに向き合ってきた同社は、海外事業部門の強化を着々と進めてきた。

「日本の技術力、品質使いやすさ、安全性は世界中の消費者の支持を得ている。中国はもちろん、ロシアにおいても高い評価を受けている。メイドインジャパンブランドは大きな可能性を持っている。これからは国内外にとらわれず、マーケットは一つと考え、グローバルな視点で開発、生産、販売、マーケティングを統一し、国ごとの地域性を加味する発想で事業を運営していく」と成松社長はその戦略を明かした。

同社にとって大きな転換となる2012年。真のグローバル企業となるべく、日本の底力、ファンケルの底力をみせつけながら、“世界”へ飛躍を果たす。

2012年01月05日 12:51

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

イベント・セミナー情報

2019年7月9日(火)~11日(木)
第6回 ホームヘルス&ダイエットEXPO

2019年10月29日(火)~11月1日 (金)
JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)

健康美容Newsモバイル

健康美容ニュースモバイルQRコード

今すぐ、ケータイでアクセス!
健康美容ニュースの全ての記事がケータイで読める様になりました!