中国人の脳卒中リスクは白人より高い 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 中国人の脳卒中リスクは白人より高い

中国人の脳卒中リスクは白人より高い

20130801_w01.jpg中国人は白人に比べて脳卒中リスクが高いことが、スコットランド、エジンバラ大学のChung-Fen Tsai氏らの研究でわかった。研究論文は「Neurology」7月16日号に掲載された。

Tsai氏らは、中国と台湾に住む中国人40万4,000人超における初回脳卒中約4,000件を検討した1990年以降の研究と、白人190万人近くにおける脳卒中4,500件超を検討した研究10件をレビューした。

データを分析した結果、脳卒中リスクは、45~75歳の中国人10万人あたり205~584件、同年齢の白人では170~335件だった。出血性脳卒中のリスクは白人(全脳卒中の12%)よりも中国人のほうが高かった(全脳卒中の33%)。また、中国人の初回脳卒中発症時の平均年齢(66~70歳)は、白人(72~76歳)よりも低かった。

Tsai氏は、「脳卒中は世界で2番目に多い死亡原因だが、中国では死亡と成人の障害の最も多い原因である。今後数十年間の脳卒中による全体的な影響は、中国など中所得国で最も大きいと予測される。この疾患の負担を軽減するには、さまざまな集団に対する脳卒中の影響をさらに解明することが重要である」と述べている。(HealthDay News 7月15日)

http://consumer.healthday.com/cognitive-and-neurological-health-information-26/brain-health-news-80/stroke-risk-may-be-higher-for-chinese-than-whites-678202.html
Copyright (c) 2013 HealthDay. All rights reserved.

2013年8月 1日 12:08 [主な疾患]|[研究発表]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.