「善行を積む」と社会不安障害が改善する? 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 治療 > 「善行を積む」と社会不安障害が改善する?

「善行を積む」と社会不安障害が改善する?

20150729_w01.jpg

他人との交流に脅えたり、不安を感じたりする社会不安障害の患者は、親切行為を行うことによって、他人とリラックスして交流しやすくなることがわかった。カナダ、サイモン・フレイザー大学(バーナビー)のJennifer Trew氏らの4週間にわたる研究で、論文は「Motivation and Emotion」6月5日号に掲載された。

親切行為は幸福感を高め、肯定的な世界観を養う可能性があり、次第に肯定的な交流を助長することで、患者が社会生活に適合しやすくなるという。Trew氏は「善行は社会的不安の程度を低減することに役立つ。それにより患者は、社交を避けたいと思うことが少なくなる」と述べている。

同氏らは、高度の社会不安をもつ学部生115人を3群に分けた。第1群には、慈善的寄付などの親切行為をしてもらった。第2群には社会的交流をしてもらったが、善行の指示はしなかった。第3群には毎日起きたことを記録してもらったが、他人との交流について特に指示をしなかった。

その結果、親切行為をした群で、社会的交流を避けたいという気持ちが最も減少した。特に、介入の初期には大きく改善していた。

「善行は、拒絶されることへの不安と恐れを緩和し、社会不安障害の患者が他者と交流することを助ける貴重なツールだ。善行を含んだ治療戦略により、患者の生活の質を改善できる」とTrew氏らは述べている。(HealthDay News 7月10日)

http://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/anxiety-news-33/acts-of-kindness-may-help-ease-social-anxiety-researchers-say-701029.html Copyright © 2015 HealthDay. All rights reserved.

2015年7月29日 11:08 [治療]|[研究発表]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

化粧品 amazon 売れ筋ランキング
リップ
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.