皮膚のビタミンD生成能力は日焼けにより制限される 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 研究発表 > 皮膚のビタミンD生成能力は日焼けにより制限される

皮膚のビタミンD生成能力は日焼けにより制限される

20160413_w01.jpg

日光は体内でのビタミンD合成を助けるといわれているが、実際には、過剰に日光を浴びてもビタミンD濃度は低下するとの報告が、米ボストンで開催された米国内分泌学会(ENDO)年次集会で発表された。

皮膚の日焼けは、日光に含まれる有害な紫外線から身体を守る役割をもつが、皮膚におけるビタミンD合成能力も制限するようだという。

ペルナンブーコ大学医学部(ブラジル、レシフェ)のFrancisco Bandeira氏らは、同地域に住む13~82歳の男女約1,000人を検討した。全員、1日の日光曝露量が相当に多く、日焼け止めやビタミンDサプリメントを常用している者はいなかった。

Bandeira氏らは、皮膚の色とタイプの尺度であるフィッツパトリックスケールを用いて、紫外線に対する皮膚の反応型を評価した。同スケールの数値が高いほど、皮膚の色が濃く、紫外線に対して(赤く火傷するのではなく)黒く日焼けする傾向を示す。また、1週間の日光曝露時間と皮膚の露出割合を乗じて、日光指数(sun index)も算出した。

日光指数および皮膚の反応型をビタミンD血中濃度と比較した結果、対象者の72%はビタミンD不足であり、不足している人は高齢かつ日光曝露が少ない傾向があった。しかし、日光曝露量が極めて高い対象者であっても、大多数はビタミンD血中濃度が正常値に達していなかった。

Bandeira氏は、「ほぼ赤道直下の熱帯地域住民を対象とした大規模調査で、極めて高い日光・紫外線曝露が認められたにもかかわらず、多くの対象者はビタミンD値が正常閾値の30ng/mlに達していなかった」と述べている。なお、学会発表された研究は一般に、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2016年4月4日)

http://consumer.healthday.com/cancer-information-5/sunburn-and-tan-health-news-647/tanning-may-limit-skin-s-ability-to-produce-vitamin-d-study-709486.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
学会アブストラクト:
https://endo.confex.com/endo/2016endo/webprogram/Paper26197.html

 

2016年4月13日 10:17 [研究発表]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年12月8~9日
第5回東京商材対接展

2018年12月5日(水)~7日(金)
ビジュアルメディアExpo2018

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
トマトジュース
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.