皮膚がん治療薬の管理に注意 ―イヌ5頭の死亡例 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 癌(がん) > 皮膚がん治療薬の管理に注意 ―イヌ5頭の死亡例

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

皮膚がん治療薬の管理に注意 ―イヌ5頭の死亡例

20170201_w01.jpg

皮膚がん治療用のクリームに曝露したイヌが、これまでに5頭死亡していると米国食品医薬品局(FDA)が報告した。ヒトの患者用のフルオロウラシル(5-FU)軟膏5%をごく少量経口摂取しただけでも、ペットの異常や死亡につながることがあるという。

「現在のところFDAはネコに関連する報告を受けていないが、ネコもフルオロウラシル軟膏に極めて敏感であると予想される」と、FDAはニュースリリースのなかで述べている。米国がん協会(ACS)によると、この薬剤は日焼けによる皮膚の前がん病変の治療に用いられるほか、一部の基底細胞皮膚がんにも使用される。

ある事例では、イヌがフルオロウラシルのチューブを口に入れ、飼い主が取り上げる前にチューブに穴を開けてしまった。イヌは嘔吐やけいれんなどの症状を呈した後、12時間後に死亡した。別の事例では、イヌがチューブの中身を飲み込んでしまい、飼い主がすぐに獣医の元へ連れて行ったものの治療は奏効せず、3日後に安楽死の処置を取らざるを得なかったという。

ペットを飼っている人がフルオロウラシル軟膏を使用する場合、以下のように対策を講じることをFDAは勧めている。

・フルオロウラシルをはじめ、医薬品はペットの届かない場所に保管する。
・薬剤のついた布や塗布器は安全に廃棄するか洗浄する。薬剤が手、衣類、カーペット、家具などに残らないようにする。
・ペットがフルオロウラシルに触れてしまった場合はすぐに獣医師に連絡する。嘔吐、けいれんなどの薬物曝露の症状がみられる場合、直ちに受診し、曝露の詳細を伝える。

獣医師は、ペットの嘔吐やけいれんなどの症状をみたら、家庭内にフルオロウラシル軟膏を使用する人がいないかを尋ねる必要があると、FDAは述べている。また、フルオロウラシル軟膏を処方する医師や調剤する薬剤師は、患者がペットを飼っている場合、薬剤に触れさせないよう助言する必要がある。(HealthDay News 2017年1月19日)



https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/skin-cancer-news-108/skin-cancer-cream-linked-to-5-dog-deaths-fda-718855.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

 

2017年2月 1日 15:10 [癌(がん)]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

ダイエットDVD&グッズ amazon 売れ筋ランキング
しょうが食品
3位:内堀醸造 臨醐山黒酢 900ml
3
内堀醸造 臨醐山黒酢 900ml
内堀醸造  \848
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.