手洗いの効果、水温で違いは? 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 生活習慣病 > 手洗いの効果、水温で違いは?

手洗いの効果、水温で違いは?

20170613_w03.jpg

手洗いをするとき、細菌を殺すために火傷しそうな熱い湯を使う必要はなく、手指の衛生には水温よりも十分な時間をかけることの方が重要だと分かった。この結果は、食品を扱う施設に対して手洗いに38℃の水を使うように推奨する米国食品医薬品局(FDA)のガイドラインとは相反するもの。

研究を実施した米ラトガース大学(ニュージャージー)のDonald Schaffner氏らは、「快適に手を洗えるようにすることは必要だが、有効性に関する限りでは、水温は問題でないことが示された。冷水を使用すれば温水よりも光熱費を節約できる」と話している。

今回の研究では、ボランティア20人を対象に6カ月で数回の試験を実施。対象者の手を高濃度の無害な細菌で汚染させた後、15℃、25℃、38℃の水で手を洗ってもらった。

その結果、有害な細菌などを取り除く効果は冷水でも温水と同程度だった。水温よりも、十分な時間をかけて石鹸で手洗いすることの方が重要であり、10秒以上手を洗えば著明に細菌を除去できることが分かった。石鹸の使用量は結果に影響しなかった。ただし、同氏らは「細菌を除去するのに最適な石鹸の量や種類を正確に決定するためには追加研究が必要」としている。

Schaffner氏は、「この知見は食品サービス業界に対するFDAのガイドラインに変更を迫るものだ。温度要件を定めるのではなく、快適な水温にすべきだとするだけでよい。不必要に水を熱するのはエネルギーの無駄となる」と述べている。

研究結果は、「Journal of Food Protection」6月号に掲載された。(HealthDay News 6月1日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/hygiene-health-news-396/hand-washing-works-whether-the-water-s-hot-or-cold-723185.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

2017年6月13日 18:30 [生活習慣病]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

ダイエット本 amazon 売れ筋ランキング
美脚ダイエット本
1位:ライザップ糖質量ハンドブック
1
ライザップ糖質量ハンドブック
2017/05/26発売
RIZAP株式会社日本文芸社  \864
2位:尻トレが最強のキレイをつくる
2
尻トレが最強のキレイをつくる
2017/07/04発売
TestosteroneU-CAN  \1404
3位:「1日1分」を続けなさい!  一生太らない〝神〞習慣
3
「1日1分」を続けなさい! 一生太らない〝神〞習慣
2017/09/21発売
竹下 雄真世界文化社  \1512
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.