健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

D-アミノ酸の新たな美肌効果を発見 化粧品に初めて応用/資生堂

資生堂は、世界のD-アミノ酸研究をリードする九州大学と共同開発した高感度D,L‐アミノ酸同時一斉分析装置(特許取得済)と、長年培ってきた皮膚科学研究の融合を図り、D-アミノ酸の新たな美肌効果を発見しました。この研究成果を、中国専用ブランド「ウララ」の抗老化スキンケアシリーズ〝マルチバイタライジングDAA〟(2013年6月発売)に、化粧品として初めて応用します。中国専用ブランド「ウララ」は、重要市場と位置付けている中国において、お客さまからの信頼をより強固なものとすべく集中して投資を強化するブランドのひとつです。

<今回、発見したD-アミノ酸の新たな美肌効果>
(1)D-アミノ酸のひとつであるD-アラニンが、皮膚に重要な基底膜の構成成分であるラミニン5の産生を促進する効果があることを発見した(図1)。
(2)D-アラニンは幼少期には皮膚中(角層)に多く存在するものの、加齢によって減少することを見出した(図2)。
(3)D-アラニンを抗老化対応成分とすることで、ラミニン5の産生を促進し、加齢によって衰える基底膜のはたらきを高め、健やかで美しい肌を実現する。

20130522_r02.jpg

◎D-アミノ酸への着目と資生堂における研究
アミノ酸にD型(D‐アミノ酸)とL型(L‐アミノ酸)の2種類あることが発見されてから100年もの間、生体中のタンパク質を構成するアミノ酸がL型であることや、L型とD型を精度良く分析する技術が確立されていなかったことから、D型は研究対象となっていませんでした。皮膚においても、そもそもD型は存在しない、効果もないであろうということが一般的な認識であったため研究されていませんでした。
近年、分析技術の進歩により、ほ乳類の体内から数種のD-アミノ酸が発見され、脳やホルモン分泌などで重要な役割を担っていることが明らかにされつつあります。 また、発酵食品などにも多く含まれていることもわかってきました。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎資生堂 2013年5月21日発表
http://group.shiseido.co.jp/releimg/2154-j.pdf

2013年05月22日 15:58

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール