健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

腕を入れるだけで正しい姿勢で測定 上腕式血圧計 HEM-1021 スポットアーム発売/オムロン ヘルスケア

オムロン ヘルスケア株式会社は、腕を通すだけで正しい測定姿勢をとりやすい全自動タイプの上腕式血圧計の新商品として、正しい測定姿勢がとれていることを画面でお知らせする姿勢チェック表示など、正確測定サポート機能を搭載した「オムロン 上腕式血圧計 HEM-1021 スポットアーム」(以下HEM-1021)と、ACアダプタ使用時に液晶バックライトが点灯する「オムロン 上腕式血圧計 HEM-1011 スポットアーム」(以下HEM-1011)を、9月20日から発売します。

20160906_r02.jpg

高血圧症は日本人に最も患者数が多い生活習慣病で、推定患者数は約4,300万人といわれており、高血圧治療や健康管理・疾病予防のために、家庭で毎日血圧を測定して結果を確認することの重要性がますます高まっています。

このたび発売するHEM-1021は、腕を通した可動式腕帯(腕を通す部分)の角度から、正しい姿勢がとれているかを判断し、画面でお知らせする姿勢チェック表示を搭載。これにより、前かがみの姿勢で腹圧がかかることで生じる測定誤差を防ぎ、毎日の測定をより正確に、楽に行いたい高齢者の方々にも安心してお使いいただけます。また、血圧値とともに姿勢チェックの結果も記録されるため、測定後に正確な姿勢で測定した値だけを確認することができます。

さらに、朝と夜に測定した測定値を自動で識別して個別に記録・管理し、それぞれの1週間の平均値を表示することができます。朝に測定した血圧の1週間の平均値が、家庭血圧の基準である「最高血圧135/最低血圧85mmHg」を超えた場合には「早朝高血圧マーク」が点灯するので、早朝高血圧の早期発見に役立ちます。

同時に、測定姿勢チェック表示の機能は搭載せず、ACアダプタ使用時に液晶バックライトが点灯し、測定値が見やすい「HEM-1011」も発売いたします。

■上腕式血圧計 HEM-1021/HEM-1011 主な特長
1. 正しい姿勢を画面でお知らせする「測定姿勢チェック表示」(HEM-1021のみ)
血圧を正確に測るには、正しい姿勢(腕帯が心臓の高さで、背筋がまっすぐ伸びており、前かがみな姿勢による腹圧がかかっていない)をとることが大切です。HEM-1021は、腕を通した可動式腕帯(腕を通す部分)の角度から、正しい姿勢がとれているかを判断し、画面でお知らせします。正しい角度になると、液晶表示部に表示される黒色のマークが中央の黄色の部分に移動するので、正しい姿勢をとれているかどうかをひと目で確認することができます。血圧値とともに姿勢チェックの結果も記録されるため、測定後に正確な姿勢で測定した値だけを確認することも可能です。

2. 測定する腕を支える「らくらくサポート腕置き」(HEM-1021のみ)
手の甲までしっかりサポートできる腕置が、測定する腕を安定させるので、腕に余計な力が入らず、リラックスしながら正しい姿勢を保って測定できます。

3. 早朝高血圧の確認に役立つ「早朝高血圧マーク」
朝と夜に測定した測定値を自動で識別して個別に記録・管理し、それぞれの1週間の平均値を表示することができます。朝に測定した血圧の1週間の平均値が、家庭血圧の基準である「最高血圧135/最低血圧85mmHg」を超えた場合には「早朝高血圧マーク」が点灯するので、早朝高血圧の早期発見に役立ちます。

【詳細は下記URLをご参照下さい】
オムロン ヘルスケア株式会社 2016年9月6日発表
オムロン ヘルスケア株式会社 公式サイト

[ 特 集 ] 機能性表示食品制度[機能性表示対応素材] 《更新随時》

2016年09月06日 17:53