健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

“目ぶくろ”に着目したアイケアシステム

0828.jpg

エイボン・プロダクツ()(東京都新宿区、テレンス・ムアヘッド社長)は、独自の複合成分を配合したスキンケアブランド「ミッション エクラ ドール」より、クリームとバームで目もとをトータルケアする「ミッション エクラ ドール コントゥアリング アイシステム」を新発売する。販売は92日からで、自社ネットショップ、直営販売店などで販売する。

 同製品は、目もと全体にふっくらとハリをもたらす「昼夜兼用クリーム」、下まぶたの年齢ライン、たるみを集中ケアする「夜用バーム」のダブル効果で若々しいハリのある目もとを目指すシステム。2種類のアイケアの最適の組み合わせで、デリケートなポイントを昼夜途切れることなくトータルケアする。

 「目もとは年齢とともに筋力が衰え、眼球の重みを支えきれなくと、脂肪が押し出されます。その結果、目の下に“目ぶくろ”と呼ばれるふくらみができます。当社はこれが老けた印象を与える原因と着目し、朝昼兼用のクリームと夜用バームのダブルのアプローチで若々しい目もとを目指しました」と同社では説明する。

 朝昼兼用のクリームには、保湿成分の各種混合植物エキスを配合。肌にうるおいを与え、ハリを取り戻す。夜用バームには、目の下のたるみ、ラインに潤いを与える保護成分、レチノール誘導体を配合。睡眠中に効果的に働きかけ、ゆるんだ目の下の肌を引き締める。

また、両製品ともに配合されるプロサーチュインTX(植物エキス・アミノ酸・ペプチド混合物)は、同社研究開発センターが7年の歳月を費やして開発した独自成分で、加齢ダメージを知らない肌を目指す。

 使用ステップは、朝は日焼け止めの前にクリームを適量とり、上下まぶたから目の周りを全体にやさしくなじませる。夜は、朝と同様にクリームを塗った後、バームを下まぶたのみにやさしく重ね塗りする。

なお、「ミッション エクラ ドール」は、美しく年齢を重ねる女性をサポートするエイジングスキンケアブランド「ミッション エクラ」のプレミアムライン。エクラとはフランス語で輝き、栄誉、壮麗。ドールはフランスで金、の意味。大人の肌だけが放つ、つやのある美しさを最大級に輝かせることができるよう名付けられた。

 製品の税込価格は8,200(クリーム15g、バーム2.5g)

2009年08月28日 13:13

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

健康・美容イベント情報

オリジナル商品開発WEEK
(第12回 国際OEM・PB開発展/第2回 地域産品展/第2回 パッケージ×デザイン展)

2020/2/18(火)~21(金)
幕張メッセ 国際展示場1~8ホール

東京デジタルイノベーション 2020
2020/2/18(火)~19(水)
ザ・プリンスパークタワー東京
(地下2階)

第17回「シーフードショー大阪」
2020/2/19(水)~20(木)
ATCホール
(アジア太平洋トレードセンター内)

国際医薬品開発展2020
2020/3/16~18(水)
東京ビッグサイト 西1~4ホール、アトリウム

健康博覧会2020(第38回)
2020/3/17(火)~19(木)
東京ビッグサイト 青海展示棟 A+B

【セミナー】一般社団法人日本栄養評議会 第98回 勉強会 演題「機能性表示食品 事後チェック指針」「外国人技能実習制度の現状と展望」
2020/3/18(水)
ホテルグランドヒル市ヶ谷 3F「瑠璃東の間」