容器のグラセル、オールインワン化粧品向けのクリームジャーが好調 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 週刊粧業 > 容器のグラセル、オールインワン化粧品向けのクリームジャーが好調

容器のグラセル、オールインワン化粧品向けのクリームジャーが好調

0110520-z.jpg

化粧品、トイレタリー、健康食品、薬品用の容器を展開するグラセル(本社=大阪府茨木市、谷村敏昭社長)は、昨年3月の震災による資材関連の供給難を乗り越えた6月以降は堅調に推移し、2012年3月期は増収を見込んでいる。特に夏から秋にかけて顧客の新製品の発売が続き、好調だ。

化粧品では、売上構成比7割以上を占める主軸のスキンケア分野で「トレンドのオールインワン化粧品向けのクリームジャーやチューブ容器の好調により売上げが伸びている」(谷村社長)という。

今年はメークアップ・トイレタリー関連の容器や、各種キャップのラインナップの充実化などサブカテゴリーの開発にも注力していく方針で、直近では2月に「IBAシリーズ」(写真)を発売した。重量感のある肉厚ボトルが高級感を演出するシリーズで、30、50、100、120mLに加え、大容量600mLサイズも揃えた。通販や店頭で盛り上がりを見せるノンシリコンタイプなど高付加価値インバス製品などへの提案を強化していく。

また、宿泊・レジャー施設向けに拡充しているアメニティシリーズは、通販ブランドなどで主流化しているトライアルセットの採用も増えそうだ。

谷村社長が「『常に時代を先取りしたデザインの提供』という使命感を持って活動している」というように、同社は東京と大阪にそれぞれ提携デザイン会社を持ち、容器のデザインから顧客の商品開発をサポートする体制を築いている。

また、バイオPE(ポリエチレン)やPLA(ポリ乳酸)を用いた環境対応型の容器を取り揃えるほか、韓国、タイの容器メーカーと提携しデザインや価格など取り扱い容器のバリエーションを向上。販売価格やチャネル、ターゲット層など顧客の商品企画に合った容器の提案力に厚みを持たせている。

情報提供元:週刊粧業

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

【INDEX】
2017年10月 展示会情報

2017年10月11日(水)~ 13日(金) 
第1回 日本の食品 輸出 EXPO

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

ヘアケア amazon 売れ筋ランキング
美容室シャンプー
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.