美容マスクの受注件数が好調に推移今期は新たにハンドマスクを展開 /マイスター 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 週刊粧業 > 美容マスクの受注件数が好調に推移今期は新たにハンドマスクを展開 /マイスター

美容マスクの受注件数が好調に推移今期は新たにハンドマスクを展開 /マイスター

0908-s.jpg

美容マスク専門のOEMメーカーであるマイスターは、2004年の設立以降、年々売上げを伸ばし、2010年度は売上構成比の半分を占める20~30枚入りの集合フェイスマスクの好調などが功奏し、受注件数は前年比1・3倍で推移した。

今期は、今年4月から新たに手袋型ハンドマスクを展開し、新規獲得をめざすほか、主力の集合フェイスマスクの販売も引き続き推進していく。

新しく展開するハンドマスクについて野田耕一社長は、「春先に製造を開始したばかりで、夏秋を越えて冬になれば本格的に稼働してくるのではないか」と今後の成長に期待を寄せている。

また、業績が年々伸長している要因については、「リピートと新規客が増えているため」と好調のポイントを説明する。

「当社のマスクの特徴は、美容成分から材料に至るまで全て国産で、さらに手づくりにこだわっている。そこに共感して頂き、良い商品として評価されているからこそリピートされるのではないか。また、クチコミなどの評判によって、新規のご紹介を頂くことも多い」(野田氏)

さらに同社では、昨年より化粧品専門紙への新聞広告を行い、認知度が向上し新客獲得につながっているという。

「OEMメーカーはいわば黒子であり、会社の名前を広く認知してもらうために、どうすれば良いのか設立以来の課題だった。新聞広告を打ち出したことで、実際に認知の獲得と新たな商談につながっている」(同氏)

今後の取り組みについて野田氏は、「良い商品を提供すれば、良いお客様も増えてくる」とこれまでの体験を踏まえ、「主力の集合マスクを軸として、お客様のニーズに対し迅速に対応し、イメージに合った商品づくりを一緒に行っていきたい」と抱負を語った。

2011年9月 8日 18:32 [受託製造(OEM)]|[美容・化粧品]|[週刊粧業]
情報提供元:週刊粧業


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.