健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

2011年上期、化粧品、化学品好調で増収増益/ヘンケル

ヘンケルの2011年度上期決算(1~6月)は、原材料価格の上昇など経済環境が厳しさを増す中で、粗利益率は低下したが、コストコントロールの徹底で経費を横ばいに保ち、結果として経費率が改善されたことで増収2ケタ増益となった。セクター別では、コスメチック・トイレタリーと化学品が売上げ、利益ともに伸びてグループ全体を牽引している。

全体の売上高は5・1%増の77億7600万ユーロ、営業利益(EBIT=税前利益+支払利息)は14・7%増の9億6700万ユーロ、純利益は21・8%増の6億6500万ユーロとなった。荒利益率は1・5P減の45・8%、経費率は1・3P減の27・3%となっている。この結果、営業利益率は1P増の12・4%、純利益率は1・1P増の8・5%となっている。

セクター別では、ランドリー&ホールケアが売上高で0・6%増の21億4800万ユーロ、営業利益で10・8%減の2億5700万ユーロ、営業利益率が1・5P減の12・0%となっている。コスメチック・トイレタリーは売上高で4・6%増の17億0200万ユーロ、営業利益で19・0%増の2億5300万ユーロ、営業利益率で1・8P増の14・8%となっている。化学品は売上高で8・6%増の38億4600万ユーロ、営業利益で25・9%増の5億1300万ユーロ、営業利益率で1・8P増の13・3%となっている。

コスメチック・トイレタリーと化学品の収益性向上が全体の利益を押し上げている。

地域別では、西欧が売上高で4・2%増の28億5900万ユーロ、営業利益で18・1%増の4億2400万ユーロ、東欧が売上高で10・5%増の13億8400万ユーロ、営業利益で35・6%増の1億7900万ユーロ、アフリカ・中東が売上高で1・1%増の4億5300万ユーロ、営業利益で12・5%減の3500万ユーロ、北米が売上高で0・5%減の13億5200万ユーロ、営業利益で29・3%減の1億2300万ユーロ、南米が売上高で10・5%増の5億2500万ユーロ、営業利益で横ばいの5500万ユーロ、アジア・太平洋が売上高で10・0%増の11億2400万ユーロ、営業利益で37・1%増の2億0700万ユーロとなっている。

西欧、東欧、アジア・太平洋が売上げ、利益とも順調に伸ばしている。これに対して北米、南米、アフリカ・中東が利益面で苦戦している。

 

2011年09月13日 10:04

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

ケミカル マテリアル Japan 2019
 2019/9/18(水)~19(木)
 パシフィコ横浜 ホールC・D

第61回 大阪インターナショナル・ギフト・ショー 2019
 2019/9/19(木)~20(金)
 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)2階

第46回 国際福祉機器展 H.C.R.2019
 2019/9/25(水)~27(金)
 東京ビッグサイト

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/26(木)とやま自遊館

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/9/30(月)茨城県開発公社

食品開発展2019
 2019/10/2(水)~4(金)
 東京ビッグサイト 西1・2ホール&アトリウム

デジタルヘルスDAYS 2019
 2019/10/9(水)~11(金)
 東京ビッグサイト 西1-4ホール

原料原産地表示制度 関連セミナー
(主催:農林水産省)

 2019/10/15(火)福井商工会議所