クレンジングオイル特許訴訟でDHCの特許侵害認める 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 美容・化粧品 > クレンジングオイル特許訴訟でDHCの特許侵害認める

クレンジングオイル特許訴訟でDHCの特許侵害認める

120523-a.jpg

(株)ファンケル(神奈川県横浜市、成松義文社長)が、(株)ディー・エイチ・シー(東京都港区、吉田嘉明社長、以下DHC)に対し、同社が製造・販売するクレンジオイルで保有する特許権が無断で使用され、特許が侵害されたとして、対象製品の製造・販売差し止め、および損害賠償を求め、東京地裁に提訴した裁判で2012年5月23日、DHCに対し、損害賠償を命ずる判決が下された。ファンケルは、2010年7月13日付けでDHCに対し、特許侵害訴訟を提起していた。

対象となっていた製品は「DHCマイルドタッチクレンジングオイル」と「ヒットコスメミニセット(ハローキティポーチ)」の2製品。ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」は、使用時に水が付着した状態でもクレンジング効果を発揮する、などとして「油性液状クレンジング用組成物」の名称で特許を取得(特許第4358286号)しているが、訴訟の対象となった2製品も濡れた手や顔にも使えることを訴求していた。

マイルドクレンジングオイルは、2004年8月のリニューアル以降累計で2000万本に迫る勢いで売れ続けるヒット商品で、クレンジングオイルの元祖ともいわれる。一方、DHC社のマイルドタッチクレンジングオイルは、リーズナブルな価格設定で2009年1月に発売されている。
なお、同判決では、特許の有効性についてDHCの主張が排斥されているが、別途、知的財産高等裁判所で同件について審理されている。

2012年5月23日 19:42 [美容・化粧品]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2019年5月22日(水)~24日(金)
ifia JAPAN 2019

2019年6月26日(水)~28日(金)
第6回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【夏】

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.