鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 原料 > 鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表

鶏ムネ肉プラズマローゲン摂取による認知機能低下予防作用を発表

20180523_e001.jpg

株式会社IHM(東京都品川区)が取り扱う機能性食品原料:丸大食品・鶏ムネ肉プラズマローゲンは、マウス実験にて継続摂取することでLPS(リポ多糖)誘導性の脳内炎症の抑制作用があることを発表。国際ジャーナル誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。

今回の試験は、これまでとは異なり、プラズマローゲンを事前に3ヵ月間摂取後に炎症剤(LPS)を7日間投与し、プラズマローゲンを摂取することによる予防的効果を確認している。脳内炎症抑制効果の確認として、グリア細胞の分布及び炎症性サイトカインの発現、アミロイドβの蓄積状態、そして水迷路試験による学習記憶行動の評価について、コントロール群、LPSのみ投与群、プラズマローゲン0.1μg/ml飲用+LPS投与群 、プラズマローゲン10μg/ml飲用+LPS投与群の計4群で比較を行った。

その結果、プラズマローゲン継続摂取マウス群のどちらもグリア細胞の活性化、LPS誘導性の脳内炎症、アミロイドβの蓄積が抑制された。また、水迷路試験についてもプラズマローゲン摂取群はゴールへの到達時間が短縮し、いずれの評価においてもプラズマローゲンを継続摂取することで、予防的に働くことが確認された。

鶏ムネ肉プラズマローゲン供給元の丸大食品では、「抗中枢神経系炎症剤」、「脳神経細胞新製剤」、「学習記憶能力増強剤」の特許を取得している。プラズマローゲンの継続摂取により、脳機能改善、学習記憶改善、そして新たに認知機能低下予防の3つの効果が期待される。今秋には粉末タイプの原料の上市を予定しており、さらに幅広い層へ訴求していく。

20180523_e002.jpg

<鶏ムネ肉プラズマローゲンとは>
ヒトの体内に存在するリン脂質の一種。特に酸素消費量の多い、脳、心臓、腎臓、骨格筋に多く含まれており、アルツハイマー病患者の脳でプラズマローゲン量が減少するという論文発表から注目が集まった。
平成19年度に農水省の民間実用化研究促進事業の一環として丸大食品が研究をスタートさせた機能性素材で、国産鶏肉のムネ部分を特許製法で加工し、プラズマローゲンを12.5%以上に規格化した食品原料である。
※同原料は2018年4月に食薬区分改正通知による非医薬品と判断された。

 

 

2018年5月24日 10:30 [原料]


Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年7月18日(水)~20日(金)
第1回 工場内物流自動化展

2018年8月30日~9月1日
国際オーガニックEXPO 2018

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2018 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.