甘草由来グリチルレチン酸誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討<学会発表告知>/丸善製薬 【プレスリリース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > ニュースリリース:TOP > 団体・学会 > 甘草由来グリチルレチン酸誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討<学会発表告知>/丸善製薬

甘草由来グリチルレチン酸誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討<学会発表告知>/丸善製薬

丸善製薬株式会社は、2015年3月26日(木)~3月28日(土)に岐阜県で開催される第88回日本細菌学会総会において、鹿児島大学大学院との共同研究の成果発表告知を行ないました。

開催場所:長良川国際会議場
開催期間:2015年3月26日(木)~3月28日(土)
ポスター掲示期間:3月27日(金)10:30~3月28日(土)11:15
討論時間: 3月28日(土)11:15~12:15

[演題]
甘草由来グリチルレチン酸誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討

[発表概要]
黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)は皮膚や鼻腔などの常在細菌のひとつですが、とびひ等の皮膚疾患の原因となり、アトピー性皮膚炎を悪化させます。また、薬剤耐性能を獲得しやすいことも問題となっています。一方、甘草から抽出・精製されるグリチルリチン酸のアグリコンであるグリチルレチン酸に、この細菌に対する抗菌作用があることは知られていましたが、グリチルレチン酸から合成される誘導体の抗菌作用については報告がありませんでした。そこで今回、グリチルレチン酸誘導体についても抗菌性を評価しました。その結果、3-サクシニルオキシグリチルレチン酸二ナトリウムにグリチルレチン酸と同等以上の増殖抑制作用が確認されました。また、これらの物質はアミノグリコシド系の抗生物質と併用することで抗生物質の抗菌作用を増強し、細菌の増殖を抑制するために必要な抗生物質の量を減少させることがわかりました。

※詳細は下記URLをご参照ください。
◎丸善製薬株式会社 2015年2月23日発表
http://www.maruzenpcy.co.jp/news/150223.html

◎丸善製薬株式会社 公式サイト
http://www.maruzenpcy.co.jp/

2015年2月23日 17:12 [団体・学会]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 販促 EXPO【春】

2018年1月24日(水)~1月26日(金)
第1回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【春】

生活雑貨 amazon 売れ筋ランキング
電子レンジ調理器
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.