監督下運動プログラムで癌(がん)化学療法時の疲労が軽減 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 癌(がん) > 監督下運動プログラムで癌(がん)化学療法時の疲労が軽減

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

監督下運動プログラムで癌(がん)化学療法時の疲労が軽減

1030.jpg

監督下運動プログラムによって、化学療法を受けているがん)患者の疲労が軽減し、筋力や有酸素容量、感情的に幸福な状態(well-being)が向上することが、新しい研究によって示唆された。疲労は、化学療法中に最も頻繁にみられる厄介な副作用の1つである。

今回の研究は、デンマーク、コペンハーゲン大学病院のLis Adamsen氏らによるもの。コペンハーゲンの2病院の20~65歳の患者269例を対象に行われ、診断されたは21種類であった。研究結果は、英国医師会誌「BMJ」オンライン版に10月14日掲載された。

被験者の一部は、高強度および低強度の心血管運動や抵抗運動、リラクセーションやボディ・アウェアネス(body awareness)、マッサージなどの運動プログラムに参加。標準的な治療に加えて、週9時間のトレーニングを6週間行った。研究の結果、運動群は非運動群に比べて疲労が有意に軽減した。運動プログラムは進行患者においても有益であることが判明した。

運動による全体的な生活の質(QOL)の改善は認められなかったが、Adamsen氏らは「体力や活力、身体的・精神的に幸福な状態を改善するために多様な運動介入を奨励することで、化学療法中の疲労が軽減し、それによって患者の日常生活動作(ADL)を補助するという多数の根拠がある」と述べている。(HealthDay News 10月14日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=631872
Copyright © 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

2009年10月30日 10:11 [癌(がん)]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

2017/5/31(水)~6/2(金)
第8回化粧品産業技術展 CITE Japan 2017

2017年5月31日(水)~6月2日(金)
第4回 イベント総合 EXPO

花粉症対策 amazon 売れ筋ランキング
洗顔料
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.