家庭で酸素療法を行う際の注意事項 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > 医療全般 > 家庭で酸素療法を行う際の注意事項

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

家庭で酸素療法を行う際の注意事項

家庭で酸素療法(oxygen therapy)を行う場合、火や発火性のものがある場所では十分な注意を要する。

ADAM Encyclopedia(医療・健康情報提供サイト)は、安全対策として下記の点を挙げている:

・正しく機能する煙感知器を家庭内の隅々にまで必ず設置し、消火器を手の届く場所に置く。
・酸素の近くでは喫煙をせず、人にもさせない。喫煙者と酸素との距離を6フィート(約1.8m)以上開ける。
・酸素は、暖炉やストーブ、ドライヤー、電動歯ブラシや電動シェーバー、電気毛布や電動のおもちゃ、スペースヒーターやベースボードヒーターなどの家電製品から6フィート以上離しておく。
・調理中、酸素はオーブンやコンロからできるだけ離しておき、油はねには十分注意する。
・酸素は可燃性の液体から離す。
(HealthDay News 1月20日)

http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=648813
Copyright (c) 2011 HealthDay. All rights reserved.

2011年2月 4日 10:58 [医療全般]|[治療]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.