福島原発事故による死者は世界で推定1,300人 【海外ニュース】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 海外ニュース:TOP > その他 > 福島原発事故による死者は世界で推定1,300人

福島原発事故による死者は世界で推定1,300人

20120730_w04.jpg福島第一原子力発電所で昨年起きた災害による放射能流出は最終的に、全世界で死者1,300人と2,500例が発生する可能性があることが、米スタンフォード大学のJohn Ten Hoeve氏らの研究でわかった。福島原発事故による健康被害を世界規模で詳しく分析したのは初めて。

Hoeve氏らによれば、死亡や症例のほとんどは日本で発生するという。この概算は不確実性が高いが、今回の知見は、損壊した原子力発電所から流出した放射能が重度の健康被害をもたらす可能性は低いとするこれまでの主張に異議を唱えるもの。この計算結果に、2011年3月の地震、津波、メルトダウン後の原発周辺からの避難で生じた死者約600人は含まれていない。

「Energy and Environmental Science」7月17日号に掲載された今回の研究で、Hoeve氏らは地球大気モデルを用いて同発電所から流出した放射性物質の移動を予測し、別のモデルを用いて放射能による健康被害を推定した。

その結果、この影響は圧倒的に日本で生じ、アジア大陸や北米では極めて小さかった。たとえば米国では、福島原発の放射能に関連する死者は0~12人、は30例と予測された。Hoeve氏は、「この知見は、この災害が広がった他の国の不安を制御するために役立てるべきである」と述べている。(HealthDay News 7月17日)


http://consumer.healthday.com/Article.asp?AID=666740
Copyright (c) 2012 HealthDay. All rights reserved.

2012年8月 2日 12:11 [その他]
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2017 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.