健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

平成22年国民健康・栄養調査結果の概要

厚生労働省では、平成22年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を別添のとおり取りまとめましたので、公表します。

【調査結果のポイント】
〈循環器疾患に関する状況〉
・主な疾患の既往歴として、「脳卒中」といわれたことがある者の割合は男性5.7%、女性3.3%。平成12年に比べて男女とも増加。「心筋梗塞」といわれたことがある者の割合は男性2.7%、女性0.9%。「狭心症」といわれたことがある者の割合は男性3.8%、女性2.8%。平成12年と比べて男女ともその割合は変わらない(P3)。

・最高血圧、最低血圧の平均値は男性133.9mmHg、82.4mmHg、女性126.2mmHg、77.0mmHg。平成12年と比べて男女とも変わらない。一方、高血圧症有病者の割合は男性60.0%、女性44.6%で、平成12年と比べて男性は増加し、女性は変わらない(P4)。
・循環器疾患発症の危険因子として、平成15年と比べて改善しているものは、喫煙者の割合、食塩摂取量の平均値、運動習慣者の割合。一方、悪化しているものは、カリウム摂取量の平均値(P10)。
・生活習慣病の予防、改善を目的とした生活習慣の改善に取り組んでいる者の割合は男性50.4%、女性57.6%(P13)。

〈たばこに関する状況〉
・現在習慣的に喫煙している者の割合は男性32.2%、女性8.4%、総数19.5%であり、前年に比べて男女とも減少(P24)。また、現在習慣的に喫煙している者で、たばこをやめたいと思う者の割合は男性35.9%、女性43.6%。前年に比べて男性は増加し、女性は変わらない(P25)。
・受動喫煙の影響をほぼ毎日受けた者の割合は、平成15年と比べて全ての場(家庭、職場、飲食店、遊戯場)で減少(P26)。 

〈所得と生活習慣等に関する状況〉
・世帯の所得が600万円以上の世帯員と比べて、200万円未満、200万円以上~600万円未満の世帯員は、女性の肥満者、朝食欠食者、運動習慣のない者、現在習慣的に喫煙している者の割合が高く、野菜の摂取量が少なかった(P31,32)。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000020qbb.html

2012年01月31日 20:18

健康・美容イベント情報

第5回 自治体・公共Week
2022/6/29(水)~7/1(金)
東京ビッグサイト

第9回 国際 ヘルス&ビューティグッズ EXPO【夏】
2022/7/6(水)~8(金)
東京ビッグサイト

アジアネイルフェスティバル イン 大阪 2022
2022/7/10(日)~11(月)
インテックス大阪 2号館

インターフェックス Week 東京
2022/7/13(水)~15(金)
東京ビッグサイト

ウェルネスライフジャパン2022
2022/7/27(水)~29(金)
東京ビッグサイト 東展示棟

SPORTEC 2022
2022/7/27(水)~29(金)
東京ビッグサイト 東展示棟1~3ホール

第8回 ウェルネスフードEXPO(ウェルネスライフジャパン2022内)
2022/7/27(水)~29(金)
東京ビッグサイト 東展示棟