健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

インフルエンザの発生状況について/厚生労働省

平成25 年第52 週(平成25 年12 月23 日から平成25 年12 月29 日まで)分のインフルエンザの発生状況を別紙のとおり取りまとめましたので、お知らせいたします。なお、平成26 年第1 週(平成25 年12 月30 日から平成26 年1 月5日まで)分については、1 月14 日(火)公表予定です。

インフルエンザ流行レベルマップ
《コメント》
2013/2014 年シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は2013 年第43 週以降増加が続いている。第52 週の定点当たり報告数は1.90(患者報告数9,307)となり、前週の定点当たり報告数(1.39)を上回った。

都道府県別では鹿児島県(5.87)、長崎県(5.31)、高知県(4.96)、沖縄県(4.66)、山口県(4.29)、大分県(3.74)、熊本県(3.68)、佐賀県(3.56)の順となっており、41都道府県で増加がみられた。

注意報レベルを超えた保健所地域は11 箇所(北海道1、秋田県1、群馬県1、静岡県1、香川県1、高知県1、長崎県3、大分県1、鹿児島県1)認められたが、警報レベルを超えた保健所地域は存在していない。基幹定点からのインフルエンザ患者の入院報告数は79 例であり、第51 週(72 例)より増加した。

30 都道府県から報告があり、年齢別では0 歳(5 例)、1~9 歳(24 例)、10 代(12 例)、20代(2 例)、30 代(3 例)、40 代(3 例)、50 代(3 例)、60 代(5 例)、70 代(11 例)、80 歳以上(11 例)であった。

2013 年第36~51 週の16 週間では、インフルエンザウイルスの検出は、AH3 亜型(A 香港型)の割合が最も多く、次いでAH1pdm09、B 型の順となっている。

【照会先】健康局結核感染症課
感染症情報管理室長 中嶋 建介
課長補佐 難波江 功二

※詳細は下記URLをご参照ください

◎インフルエンザの発生状況について/
厚生労働省  2014年1月9日発表
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/houdou20140109-01.pdf

2014年01月09日 18:37

健康・美容イベント情報

第92回 東京インターナショナル・ギフト・ショー 秋 2021、第10回 LIFE×DESIGN
2021/10/13(水)~15(金)
東京ビッグサイト 西展示棟・南展示棟

【オンラインセミナー】
第7回 Tie2・リンパ・血管研究会 学術集会「ストレスと血管」

2021/10/15(金) 14:00~16:00
主催:Tie2・リンパ・血管研究会 事務局(食品化学新聞社内)

ビューティーワールド ジャパン ウエスト(第16回目)
2021/10/18(月)~20(水)
インテックス大阪 2・3・4・5号館

からだケアEXPO[大阪]’21 第1回 健康施術産業展【オンライン展示会有り】
2021/10/27(水)~29(金)
インテックス大阪

FOOD展2021
2021/10/27(水)~29(金)
東京ビッグサイト 青海展示棟