健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

コーセー が産学協同で新たな美白アプローチを発見

コーセーは、東北大学大学院生命科学研究科の福田光則教授と、新たな美白へのアプローチとして、肌内部におけるメラニン色素の輸送過程に関する共同研究を行ってきた中で、色素生成細胞(メラノサイト)内に存在し、メラニン色素を内包する小胞(メラノソーム)の輸送を、「サンペンズエキス」が阻害し、ケラチノサイトへのメラニン色素の移行・蓄積を抑えることを見出した。同社では今春、この「サンペンズエキス」の優れた効果を高級美白製品へ応用する。

化粧品業界では、シミの原因となる肌の色素生成メカニズムを解明するとともに、シミを防ぐ様々なアプローチを行ってきた。

これまでは、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制するなど、主にメラニン合成までをターゲットとした研究が中心だったが、近年ではさらなる美白効果を得るために、異なるプロセスからのアプローチを組み合わせることが試みられ、特に表皮細胞(ケラチノサイト)内に存在するメラニン色素量をコントロールする方法についての研究が注目されてきた。

同社では、福田教授と共同でメラノソームの輸送メカニズムに着目し、その輸送を阻害する、新しい美白素材を探索し、このほど新たに、健康茶などとしても用いられる「サンペンズ」(別名=リュウキュウカ)の50%エタノール抽出液「サンペンズエキス」に、メラノソームの輸送を阻害する効果を発見した。

共同研究では、メラノサイトの中で、メラノソームが運ばれていくメカニズムを分子レベルで研究した結果、メラノソームが細胞核周辺から細胞膜に向かって輸送され、細胞膜周辺に到達した際に、その一部がSLP2―A と呼ばれるタンパク質に置き換わり、メラノソームを細胞膜につなぎ止めることを解明した。

「サンペンズエキス」は、メラノソーム輸送に関わるタンパク質量を減少させる効果があり、メラノソームが細胞膜に結合するのを抑制。結果、メラノソームのケラチノサイトへの輸送を妨げ、シミの発生を抑えることが可能になるという。

2011年01月18日 11:15

健康・美容イベント情報

Japan Sports Week
2022/5/11(水)~13(金)
東京ビッグサイト

第2回[関西]サステナブル マテリアル展
2022/5/11(水)~13(金)
インテックス大阪

ビューティーワールド ジャパン(第24回)
2022/5/16(月)~18(水)
東京ビッグサイト 東1~8 ホール

ifia JAPAN 2022、HFE JAPAN 2022
2022/5/18(水)~20(金)
東京ビッグサイト西1・2ホール

MEX金沢2022(第58回機械工業見本市金沢)
2022/5/19(木)~21(土)
石川県産業展示館(3・4号館)

第21回 ニチモウバイオティックス webセミナー「大豆イソフラボンとロコモティブシンドローム」
2022/5/19(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

第10回実務研修会(オンライン)
2022/5/25(水)9:00~16:30
主催:一般社団法人 日本栄養評議会(CRN JAPAN)