健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

ナチュラル志向のメークが好業績を牽引。タイ工場増強で日本への輸出をスタート/エフシー中央薬理研究所

エフシー中央薬理研究所は、自然派化粧品に強みを持ち、スキンケアを主力に業容を拡大してきたが、近年、メークについても強化を図っており、金額構成比でメークの割合が年々高まっている。

前期(11年6月期)は、ナチュラル志向で急成長を遂げるメークブランドの製造元としての認知が高まりメークが好調だったほか、スキンケアやヘアケアの新製品導入も相次ぎ、売上高は前年比で2ケタ伸長を果たした。

こうした中、同社では、メークによる成長が今後も期待できると判断し、現在、国内外の工場増設を同時並行で行っている。

国内においては、5カ年計画で2014年をめどに本社工場(藤枝市)の増築を進めており、完成後には現状の140%ほどの稼働を見込む。これにより、効率化が一層進み、納期にもより迅速に応える体制が整う。

一方、海外においては、今秋から来春にかけて、タイ工場(チョンブリ県)の施設拡張、設備増強を進める。現在よりも30%程度、生産能力を引き上げることで、日本向けの輸出をスタートさせる。

「まずはメークアップで取扱アイテム数を大幅に増やし、日本企業からのあらゆるリクエストに応えられる体制を整える。また、ボディケアやスキンケア、フレグランスなどの設備をより充実させ、タイ国内、日本にとどまらず、中国・ミャンマー・ベトナムへの輸出も積極化していきたい」(相川功一東京営業所長)

タイ国内では、化粧品企業に限らず様々な企業が進出を図っており、優秀な研究員の確保が次第に難しくなっている。そこで同社では今年3月、バンコク市内にラボと営業所を兼ねた拠点を設けた。

これにより、優秀な研究員の確保が順調に進んだほか、試作依頼への対応が早まり、「取引先との商談成約率も高まっている」(相川氏)という。

今期は、前述の施設面での強化を進めるとともに、「研究者と営業マンが一体となった提案型営業に磨きをかけ、新原料を活用した製品をクイックに紹介する」(森本隆東京営業所研究課長)ことを徹底し、国内では20%増、海外では倍増以上の売上拡大を目指していく。

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

ビューティーワールド ジャパン ウエスト 2020
2020/10/19(月)~21(水)
インテックス大阪

FABEX関西 2020
2020/10/28(水)~30(金)
インテックス大阪

次世代ヘルスケアプロジェクト「第3回 ぐっすり EXPO」「第3回 健康診断・健康管理 EXPO」「第3回 メディスポ」「第2回 カラダ改善食品展」「第2回 温活 EXPO」
2020/11/11(水)~13(金)
東京ビッグサイト 西展示棟

食品開発展2020(Hi Japan/ FiT Japan/ S-tec Japan/ LL Japan)
2020/11/16(月)~18(水)
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム