健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

2013年花粉飛散予測第1報。関東・東北の飛散数は例年の1.5倍/日本気象協会

一般財団法人日本気象協会は、2012年10月3日(水)に全国・都道府県別の2013年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)飛散予測(第1報)を発表しました。また、詳細な情報を、「2013年春の花粉飛散予測資料」として販売します。

2013年春の花粉(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)の飛散数は、九州・四国地方は例年よりやや少ないですが、中国地方から北海道にかけては例年並みか例年より多く、関東・東北地方は例年のおよそ1.5倍になるでしょう。前年(2012年)にくらべると、関東・東北地方と北海道は2~5倍になる見込みです。

この予測は、全国の今夏の気象条件を基に作成したもので、今後の花芽調査などのデータを基に内容を更新する予定です。今後も日本気象協会の花粉予測に注目いただき、来春の花粉対策に、お役立てください。

1.全国予測の概況
(1)概況  -西は少なく、東は多い 「西少東多」-

2013年春のスギ及びヒノキ花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数は、九州・四国地方は例年よりやや少ないですが、中国地方から北海道にかけては例年並みか例年より多く、関東・東北地方は例年のおよそ1.5倍になるでしょう。前年(2012年)の飛散数が全国的に例年並みか少なかったことから、来春の飛散数は前年に比べると、九州地方で少ない他は全般に多く、関東・東北地方と北海道は2~5倍になる見込みです。

(2)花粉の飛散と夏の天候  -2012年夏は気温が高く、降水量には地域差-

花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響し、一般に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数は多くなります。

2012年の夏の気温は、全国的に平年より高くなりました。日照時間は、西日本は平年より少なく九州南部ではかなり少なく、東・北日本は平年より多く北陸・東北地方ではかなり多くなりました。降水量は、西日本は平年より多く九州南部ではかなり多く、東・北日本は平年より少なく東北地方ではかなり少なくなりました。

猛暑の影響で、高温・多照・少雨など花芽の形成する条件が揃った東北や関東地方では、2013年春の花粉の飛散数は、例年のおよそ1.5倍になると予想されます。一方、前線や熱帯低気圧、湿った空気などの影響で日照時間が少なく雨の多かった九州や四国地方では来春の飛散数は例年より少ないと予想します。

(3)花粉飛散数の推移  -大飛散は交互に現れる傾向-

花粉の飛散数の多い年と少ない年は交互に現れる傾向があります。2012年は前年(2011年)の夏の気温が高く花芽の多く形成される気象条件になったものの、大飛散となった2011年の翌年だったことから花芽の形成は少なく、花粉の飛散数はほぼ全国的に例年並みか例年より少なくなりました。

2013年は飛散数の少ない年(2012年)の翌年にあたるため、ほとんどの地域で飛散数は前年より多くなるでしょう。東京は、花芽の飛散数が多くなる気象条件がそろい2013年の飛散数は例年より多く、前年に比べると非常に多いでしょう。大阪は、2012年夏の降水量が多かったことなどが影響し、例年に比べるとやや少ないですが、前年に比べるとやや多いでしょう。

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/4691/

◎一般財団法人日本気象協会(:公式サイト
http://www.jwa.or.jp/

◎2013年花粉予測有料情報の提供を開始!
http://www.jwa.or.jp/content/view/full/4690/

20121004_r02.jpg

2012年10月04日 18:24

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール