健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

アロニアベリーの皮下脂肪低減作用を確認/ポーラ

ポーラ・オルビスグループのポーラ化成工業株式会社は、バラ科のアロニアベリー(学名:Aronia melanocarpa)のヒト摂取試験を行い、アロニアベリーエキス(1 日あたり生果実18g 相当)を12 週間摂取することで、皮下脂肪面積(腹部CT により測定)を減少させることを確認しました。

20121120_r02.jpg

ポーラ化成工業では、アロニアベリーの機能性に着目し、新たな機能性食品素材としての研究を進めてきました。今回は1 日当たり、生のアロニアベリー18g 相当量のエキスを12 週間摂取することで皮下脂肪面積が減少することを明らかにしました。またこの作用機序を明らかにするため、培養白色脂肪細胞中のUCP1(熱産生タンパク質)発現量を解析したところ、アロニアベリーは用量依存的にUCP1 の発現量を増加させることを確認しました。このことからアロニアベリーはUCP1 により脂肪を熱に変換する機能をもつ褐色脂肪細胞*1 だけでなく、脂肪燃焼機能をもたない白色脂肪細胞でもUCP1 の発現量を増やすことで、体内で脂肪を熱に変換しやすくし、皮下脂肪の減少を促すことが示唆されます。

このことからアロニアベリーは、多くの女性が年齢とともにつきやすく、落ちにくいと感じる皮下脂肪にアプローチし、お腹周りをすっきりさせるサポートができることが期待されます。ポーラ化成工業ではこの研究成果を、2012 年10 月11 日から12 日に京都市にて開催された第33回日本肥満学会にて発表いたしました。また、ポーラ・オルビスグループのオルビスから、アロニアベリー配合サプリメントのアイテム追加として、1 日あたり生果実18g 相当(従来サプリメントの3 倍濃縮)のアロニアベリーエキスを配合したサプリメントを本年12 月に発売する予定です。

*1 褐色脂肪細胞
脂肪をためて肥満の原因となる白色脂肪細胞とは異なり、この細胞中に存在するUCP1 の働きにより、細胞中で脂肪を熱に変換
することができる。

20121120_r03.jpg

【アロニアベリーとは】
アロニアは北米原産のバラ科の落葉低木で、小果実(アロニアベリー、図3)にはアントシアニンやカロテノイドなど、ポリフェノール類が豊富に含まれています。これまでの我々の研究からアロニアベリー摂取により自律神経の活動が高まること、アロニアベリー中の特徴的な成分に褐色脂肪細胞中のUCP1 の発現を高め、体内でエネルギーを作りやすくする働きがあることを見出し、飲料およびサプリメントとして製品化を実現しております。

【アロニアベリー摂取試験について】
健常な成人男女40 名を対象に、プラセボ対照二重盲検法*2 により体重、体組成への影響を検討しました。アロニアベリー群は生のアロニアベリー18g 相当のエキスを含有する粒を、プラセボ群はアロニアベリーエキスを含まない粒をそれぞれ12 週間摂取しました。摂取前後に体重、体脂肪率、CT スキャンによる皮下脂肪および内臓脂肪面積を測定しました。その結果、アロニアベリー群では皮下脂肪面積が摂取前に比べて有意に減少し、その減少量はプラセボ群に比較しても有意な差がみられました

【お問合せ】
ポーラ・オルビスホールディングス 広報・IR 室
Tel 03-3563-5540/Fax 03-3563-5543

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF
http://www.pola-rm.co.jp/pdf/release_20121119.pdf

◎ポーラ化成工業 :公式サイト
http://www.pola-rm.co.jp/

2012年11月20日 17:01

健康・美容イベント情報