健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

UVAによる光老化皮膚に関する新知見を発表/カネボウ化粧品

カネボウ化粧品・価値創成研究所は、東海大学医学部皮膚科学・形成外科学・生体防御学と共同で、紫外線による皮膚の老化についての研究を進める中で、“光老化”による真皮組織変化の進行度 (重症度) を評価する客観的な指標となる“光老化組織ステージ”を確立しました。“光老化組織ステージ”は、目視でのシワスコアと有意に相関することも確認。さらに指標作成の過程で、光老化の初期段階において真皮の深部でエラスチンの異常が生じることを初めて明らかにしました。

また今回、この“光老化組織ステージ”を応用した研究の第一弾として、コラーゲンの形成を促進するタンパク質のひとつCOMP(cartilage oligomeric matrix protein)が、光老化進行とともに増加することを発見。光老化ダメージを識別するマーカーとなる可能性を見出しました。
皮膚の光老化進行を客観的に評価することで、UVAが光老化に及ぼす影響が無視できないものであることを改めて明らかにした本知見をいかし、カネボウ化粧品では、UVAを効果的に防ぐ商品や光老化に対応する商品の開発を進めていきます。

なお、これらの研究成果は、12月7~9日に開催される「日本研究皮膚科学会第37回年次学術大会・総会」にて発表する予定です。

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/company/pdf/20121204-04.pdf

◎株式会社カネボウ化粧品:公式サイト
http://www.kanebo-cosmetics.co.jp/

2012年12月04日 18:11

健康・美容イベント情報

健康博覧会2022(第40回)
2022/2/8(火)~10(木)
東京ビッグサイト 南ホール全館