健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

社員の健康をサポートする制度を開始/ローソン

株式会社ローソンは、健康増進のために会社と個人が共に健康を意識し、行動を起こすことが重要と考え、社員の健康をサポートする制度を開始します。会社が個人の行動をバックアップし、継続的に健康を維持できる仕組みにより、働きやすく、社員が能力を発揮できる体制を作ります

2013年度から健康診断・人間ドックの受診率向上のための制度を導入します。また、社内に体組成計・血圧計の設置、「血圧」「血糖」「肥満」のリスクの高い社員への個別アクションプランの提示・指導を開始しました。

=背景と狙い=
日本社会全体の傾向と同様に、ローソン社員においても生活習慣病や癌などの発症が増加傾向にあります。社員が自らの健康を意識し、今後も生き生きと働いていくため、健康増進への取組みを会社と社員が一緒に取り組むことにしました。

 

【健康アクションプラン始動】
定期健康診断の結果で血糖・血圧・肥満のリスクが高かった社員に対して、個人別「健康アクションプラン」の提供を11月30日に開始しました。「健康アクションプラン」では、「糖尿病」「高血圧」の2つの疾病と「肥満」を予防・改善するため、生活習慣改善にむけた食事と運動の内容を個別に提示しています。また、対象者には、専門家による個別健康指導を行います。

2012年度に実施した健康診断による対象者は、約370名です。

「健康アクションプラン」の対象者のうち、治療中の社員や海外赴任中の社員などを除いた約320名には、2013年1月中旬からタニタ社製の通信対応(ローソン店頭のLoppiで簡単に記録可能)歩数計と、独自に開発した「健康アクションプランアプリ」(スマートフォン用アプリ)を配布します。体重・歩数データ・食事内容・摂取カロリーなどをアプリ内に記録し、体質改善に向けた指標とすることができます。

この取り組みを2013年度6月まで行い、効果を検証したうえで、今後の改善・拡大につなげます。

【職場に健康機器を設置】
12月に、本社および全国の支社内にタニタ社製通信対応体組成計・血圧計(計9台)を設置しました。全社員は、いつでも利用可能です。

【健康診断の受診率向上制度】
会社が実施する定期健康診断・人間ドックを受診できなかった社員には、会社が費用を負担する医療機関での健康診断を年度内に受診するよう計3回通知します。1年間受診しなかった社員と直属の上司には、翌年度5月末に支給される賞与から本人15%、直属の上司10%を減額します。

また、受診後に再検査が必要と勧告された対象者が、再検査を受けない、もしくは数値改善に向けた取り組みを行わない場合は、同様に本人の賞与から状況に応じて2~8%、直属の上司は10%を減額します。

2013年度(2013年3月1日~2014年2月28日)内に実施する健康診断から、株式会社ローソンで働く社員(3,490名:2012年8月末時点)を対象に制度を開始します。

この取り組みは、全社員が健康診断受診ならびに体質改善に取り組むことを目的としています。

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF( 2012年12月25日発表)
http://www.lawson.co.jp/company/news/070186/

◎株式会社ローソン
http://www.lawson.co.jp/

2012年12月25日 18:42

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール