健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

30~40歳代の14%の人が喪失する奥歯のブラッシングに新提案/ライオン

30~40歳代の14%の人が喪失する奥歯※1のブラッシングに新提案!
市場最高レベル※2の極薄ヘッドと極細ネックで
「奥歯の奥」までスムーズに届く
『クリニカ アドバンテージハブラシ』新発売

 ライオン株式会社(社長・濱 逸夫)は、市場最高レベルの極薄ヘッドと極細ネックで「奥歯の奥」までブラシがスムーズに届く“スーパースリム”形状を採用した、歯科医推奨設計のハブラシ『クリニカ アドバンテージハブラシ』を2013年2月27日(水)より全国にて新発売いたします。

※1 左下第1大臼歯(下顎)、平成17年歯科疾患実態調査(厚生労働省調べ)
※2 国内家庭品ハブラシ市場(同社調べ)
 
1.発売の狙い
■  歯科衛生士が最も重視するハブラシの機能は「奥歯のみがきやすさ」

 歯を失う主な要因はムシ歯と歯周病で、いずれも歯垢が原因となる疾患です。奥歯はそのブラッシングのしにくさから歯垢が残りやすいため、これらの疾患のリスクが高く、30~40歳代の14%の人が奥歯を喪失しています。こうした背景から、約9割の歯科衛生士はハブラシの機能として「奥歯のみがきやすさ」を重視しています(2012年、同社調べ)。

 一方、生活者には奥歯など口の中のスミズミまで届きやすいコンパクトなヘッドのハブラシが好まれ、「コンパクト」および「超コンパクト」サイズのハブラシの構成比は、2002年の32%から2012年には57%と伸長しています※3。しかし、従来のハブラシはコンパクトなヘッドであっても、ヘッドやネックが歯や頬の内側などにあたり邪魔となるため、大きく口を開くなどの工夫をしないと「奥歯の奥」にはブラシが届かず、みがき残しが多くなりがちでした。
 

 「奥歯の奥」までスムーズに届く、“スーパースリム”形状の次世代型コンパクトハブラシを新開発

 そこで、同社オーラルケア研究所は「奥歯の奥」によりブラシが届く技術の開発に取り組んだ結果、ヘッドの厚みとネックの太さを市場最高レベルまでスリム化し、口の中に入るハブラシの体積を約30%※4削減した“スーパースリム”形状ハブラシの開発に成功しました。

 そしてこの度、この技術(“スーパースリム”形状)で「奥歯の奥」までブラシがスムーズに届く(右図)歯科医推奨設計のハブラシ『クリニカ アドバンテージハブラシ』を発売します。
 
 

 ※3
 (株)インテージ、SRI国内家庭品ハブラシ市場 2002年(1-12月)2012年(1-12月)、販売個数構成比。

コンパクトおよび超コンパクトハブラシ市場は同社定義
 
※4
 クリニカアドバンテージハブラシ(コンパクト)とクリニカハブラシ(フラットカット4列)の比較
 
 
20130212_r01.jpg.発売日・地域
2013年2月27日(水) 全国

【お問合せ】
報道関係の方
 コーポレートコミュニケーションセンター
 TEL:03-3621-6661
 
消費者の方
 お   客   様   セ   ン   タ   ー
 TEL:0120-556-913
 
※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF(ライオン株式会社 2013年2月12日発表)
http://www.lion.co.jp/ja/company/press/2013/2013013.htm

◎ライオン株式会社
http://www.lion.co.jp/index2.htm

2013年02月12日 19:19

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール