健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

コウジ酸とアスタキサンチン配合 薬用美白美容液発売/コーセー

20130301_r01.jpg株式会社コーセーは、エイジングケア※1ブランド『アスタブラン』から、美白有効成分 “コウ酸”と、“アスタキサンチンS※2″(保湿)を配合した薬用美白美容液「レボリューション ホワイト」医薬部外品(本体/付けかえ用各30mL 各ノープリントプライス)を4 月16 日に発売します。

印象年齢を左右するシミに加え、乾燥による小ジワなどを防ぎ、保湿効果による肌のハリで肌表面の影を目立たなくする効果を実現した美容液です。プロモーションではイメージキャラクターに引き続き女優の天海祐希さんを起用し、「年齢に挑む、美白。」をキャッチコピーに、エイジングケア※1に積極的な40 代の女性に向けて店頭やWeb、雑誌広告等で効果を伝えていきます。

■見た目年齢は肌色に左右される■
40 代以降の女性の肌悩みとして最も多く挙げられるのは「シミ・ソバカス」、「乾燥・小ジワ」です。ほうれい線やフェイスラインなどの小じわ、たるみは、肌表面にわずかながらも影を作って肌色を濁らせて見せることから、この2 つの悩みはどちらも肌色をくすんだ印象にし、見た目年齢にも影響を与えるという共通点があります。シミ・ソバカスがなく、明るい肌色を保つことができれば若々しく見えるのです。

■“コウジ酸”と“アスタキサンチン”■
“コウジ酸”は、味噌づくりなど麹を扱う職人の手が白く滑らかであることから美白効果に関する研究が始まり、1988 年に厚生省(現:厚生労働省)によって美白有効成分として認可された美容成分です。同社は1990 年に化粧品メーカーとして初めてこのコウジ酸を配合した美白スキンケア※3 化粧品を発売し、以来20 年以上リニューアルを重ねながら販売してきた実績があります。また “アスタキサンチン”についても、その効能や製剤化について約20 年に渡って研究を続けており、1999 年10 月には業界でいち早く製品化に成功し、エイジングケア※1美容液として発売した経緯があります。今回、この2 つの成分をダブルで配合したことにより、シミ対策の美白ケア※3 とエイジングケア※1 を同時に行なうことができるようになりました。

※1 エイジングケア:年齢に応じたお手入れのこと
※2 アスタキサンチン:甲殻類や鮭、紅藻など、主に海洋性生物が紫外線の影響から身を守るために備えている天然の赤い色素成分で、ニンジンの色素などと同じカロテノイドの一種です。健康食品等でも活用されている成分です。アスタキサンチンS はS(スクワラン)との混合物です。
※3 美白ケア:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

※リリースの詳細は関連資料をご参照ください

【関連資料】
◎リリースURL/PDF(株式会社コーセー 2013年2月28日発表)
http://www.kose.co.jp/jp/ja/ir/common_ir/pdf/news/20130228.pdf

◎株式会社コーセー
http://www.kose.co.jp/jp/ja/index.html

2013年03月01日 15:50

健康・美容イベント情報