健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

花王とカネボウ化粧品、新・店頭顧客システムを開発/花王

花王グループの花王株式会社と株式会社カネボウ化粧品は、百貨店と総合スーパー(GMS)の店頭における新しい店頭顧客システムを開発し、2013年5月下旬より順次導入します。今回より、タッチパネル型の機器を採用し、お客さまと一緒に画面を見ながら接客するという、新しいスタイルを確立します。また、両社がこれまでに培ってきたノウハウを集積・共有し、より高いレベルでの接客を行なうサポートツールとして活用します。

花王グループでは、カウンセリングや接客コミュニケーションのさらなる充実化をめざすとともに、店頭業務の効率化を図っています。このたび新たに導入する店頭顧客システムは、百貨店・GMSに所属する美容部員(花王ソフィーナ・エスト:ビューティアドバイザー<以下BA>、カネボウ化粧品:ビューティカウンセラー<以下BC>)の店頭活動サポートツールとして、全国約1,850店(花王ソフィーナ・エスト約750店、カネボウ化粧品約1,100店)で展開していきます。

新しい店頭顧客システムは、タッチパネル型の機器を採用し、肌測定・解析データなどをお客さまと近い距離感で共有できるサポートツールです。肌測定器から得た肌測定・解析データを、本システムと即時的に連携させることで、よりスピーディなカウンセリング活動が可能です。さらに、ここで得られたデータの前回比較や過去からの履歴をお客さまと一緒にグラフで確認できます。

20130513_r01.jpg

これまでの店頭顧客システムは、カネボウ化粧品では主に、売上・実績管理や会員管理さらに勤務管理といった、接客以外の業務をサポートするツールとして機能していました。一方、花王ソフィーナ・エストでは、これまでも、店頭顧客システムを活用した接客や肌測定・解析が可能でしたが、その内容をお客さまに対してより見やすく、わかりやすく伝える方法やソフトの充実を模索していました。

今回は、両社がこれまで培ってきた強みを互いに共有し活用しました。たとえば、花王の顧客一元化機能* のノウハウは、カネボウ化粧品にも導入し、ご要望のあるお客さまはほかのお店でも、ご自身の購入履歴・肌測定履歴などを確認できます。一方、カネボウ化粧品の、お客さまの来店状況を画面で把握し、次のアプローチにつなげる機能や、来店予約機能などのノウハウを花王でも共有していきます。

さらに今回の新・店頭顧客システムからは、会社と店頭の連携がこれまで以上に密になり、BA・BCとのスケジュールや商品の在庫状況、情報の共有化が図りやすくなるなど、業務サポートツールとしての機能も充実させました。

* データの一元化を行なうことで、お客さまはどの店舗で入会・購入しても、システム設置店において接客情報や過去の肌測定・解析データをみることができます。
(花王とカネボウ化粧品間は独立しており、両社でのお客さまデータの共有はされません)

【お問合せ】
花王株式会社 広報部
電話 03-3660-7041~7042

※詳細は下記URLをご参照ください

◎花王株式会社)2013年5月13日発表
http://www.kao.com/jp/corp_news/2013/20130513_001.html

2013年05月13日 13:50

健康・美容イベント情報

健康博覧会2022(第40回)
2022/2/8(火)~10(木)
東京ビッグサイト 南ホール全館