健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

クリルパウダーの肥満への効果に関するパイロット研究の結果を発表/アーカー・バイオマリン

海洋バイオテクノロジー企業であるアーカー・バイオマリン・アンタークティック(本社:ノルウェー・オスロ、最高経営責任者:ハルヴァート・ムーリ、以下「アーカー・バイオマリン」)はこの度、クリルパウダー(粉末クリル)に関する新たなパイロット研究の結果を電子ジャーナル『Lipids in Health and Disease』に発表したことをお知らせいたします。この試験は、「スパーバ(Superba)」クリルパウダーの摂取が肥満に与える効果について調査したもので、ドイツの医薬品開発業務受託機関(CRO)であるMomentum Pharma ServicesGmbH とイタリア国内の2 つの学術研究施設で実施されました。

今回の試験では、11 名の肥満体の被験者に24 週間に渡って「スパーバ(Superba)」クリルパウダーを摂取してもらい、血中脂質および内在性カンナビノイドをはじめとするさまざまなパラメータで評価が行われました。その結果、トリグリセリドレベルが21%低下し、肥満において調節不全を引き起こす脂質のシグナル伝達分子群である3 種の内在性カンナビノイドに対しても有効な作用が認められました。特に、これらの内在性カンナビノイドのうち、肥満体において上昇するアナンドアミドは、クリルパウダーの服用によって84%と大幅な低下が見られました。また、ウエストとヒップのサイズ比およびと内蔵脂肪と骨格筋量の比率についても大幅な改善が認められました。

試験報告書の共同執筆者の一人を務めたビンチェンツォ・ディ・マルツォ博士は次のように述べています。「今回の試験結果は、クリルオイルに関するこれまでの研究結果を裏付けるものであり、肥満体における内在性カンナビノイドの過剰作用を抑える効果があることを示しています。クリルオイルおよびクリルパウダーは、いずれもメタボリック症候群の改善に有効に作用する可能性を持っていると言えるでしょう」

今回の試験のコーディネーターを務めたアーカー・バイオマリンの研究開発担当ディレクター、チェトル・バーグは次のように述べています。「今回の試験結果は、クリル製品に関する新たな臨床試験の結果であり、リン脂質結合型EPA およびDHA の健康増進効果の有効性をさらに証明することとなります。今回発表することができ、大変嬉しく思っています」

アーカー・バイオマリンのチーフ・オペレーティング・オフィサー、マッツ・ヨハンセンは次のように述べています。「今回の試験がクリル製品に関する同社の幅広い研究のポートフォリオに加わることは大きな意味があり、粉末状の『スパーバ(Superba)』を提供することができるようになれば新たな市場機会が開けるものと考えています」「スパーバ(Superba)」クリルパウダーは、リン脂質結合型オメガ3 脂肪酸を錠剤で提供するのに適しています。現在アーカー・バイオマリンで開発中であり、製品の提供開始予定は現時点では未定です。

アーカー・バイオマリンはナンキョクオキアミを原料とした製品の専門企業です。環境への負荷を最小限に抑える独自の「エコ・ハーベスティング(Eco-Harvesting™)技術」を用いてオキアミの漁獲を行い、オキアミを生きたまま、直ちに船上で加工しています。それによって、同社のクリルオイル「スパーバ(Superba)」は独自の高品質な栄養組成を実現しているとともに、漁獲から最終製品に至るまで完全なトレーサビリティを確保しています。アーカー・バイオマリンは、MSC(海洋管理協議会)の漁業認証を取得した唯一のオキアミ漁業会社であり、クリルオイル業界で唯一、MSCの「海のエコラベル」の使用を認められています。アーカー・バイオマリンでは、クリルオイルの健康効果を実証する取り組みの一環として、イン・ビトロ、イン・ビボ、及び対人の臨床試験への出資を継続的に行っています。研究では、リン脂質結合型オメガ3は、魚油由来のEPA・DHAなど他のオメガ3脂肪酸原料に比べ、体内での吸収効率が高く、血中脂質バランスを改善し、脳組織でのDHAの吸収効率が高いことが一貫して立証されています。

◎スパーバ・クリルオイル(Superba Krill Oil)について
ナンキョクオキアミ由来の「スパーバ・クリルオイル」は、健康増進作用を持つ100%天然のEPA ・DHAオメガ3必須脂肪酸と、天然抗酸化物質であるアスタキサンチンを含んだ製品です。最大の特長は、トリグリセリドに結合した魚油由来など他のオメガ3脂肪酸と異なり、リン脂質に結合したオメガ3脂肪酸を含んでいる点であり、その安全性と高い健康効果はイン・ビトロ、イン・ビボおよび対人の臨床試験で実証されています。

◎アーカー・バイオマリン(Aker BioMarine Antarctic)について
アーカー・バイオマリンは、ナンキョクオキアミの持続可能な漁獲から、ナンキョクオキアミ由来のバイオ製品の研究開発、製造まで一貫して手がける総合バイオテクノロジー企業です。業界最大手として、原材料から製品として顧客企業に届くまでの最適化されたバリューチェーンを通じて、機能性食品素材や栄養補助食品素材、水産養殖飼料を世界23ヶ国以上で提供しています。アーカー・バイオマリンのクリルオイル製品「スパーバ(Superba)」は、南極海からお客様にお届けするまで、すべての経路で100%のトレーサビリティが確立されており、同社は世界で唯一、オキアミの漁獲に関して「海のエコラベル」として知られるMSC(海洋管理協議会)の認証を取得しています。

■報道関係者のお問い合わせ:
クレアブ・ギャビン・アンダーソン株式会社(アーカー・バイオマリン広報担当)
渡辺/笠原 Tel: 03-5404-0640

■お客様のお問い合わせ:
アーカー・バイオマリン・アンタークティック
日本担当 Info.japan@akerbiomarine.com

※詳細は下記URLをご参照ください
◎Aker BioMarine ASA (アーカー・バイオマリンASA)
http://www.akerbiomarine.com/japan/

2013年11月06日 15:16

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール