健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の中国「新食品原料」登録を取得/ユーグレナ

株式会社ユーグレナは、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)が中国の「新食品原料」登録を取得したことをお知らせいたします。11 月26 日付けで中国衛生部HP にて公告されました。

「新食品原料」とは、中国国内で食習慣のないものや新技術による食品原料を販売するために必要となる登録制度で、中国衛生部の審査を経て登録の認可を取得することが必要になります。

今回同社が現地企業の協力のもと「新食品原料」の登録を取得したことにより、中国全土にて微細藻類ユーグレナを使用した食品を販売できるようになりました。販売に関しては資本提携先である伊藤忠商事と連携して行ってまいります(2014 年1 月より販売開始予定)。なお中国では、近年健康食品の市場が伸びており、中国保健協会は市場規模が2015 年まで毎年10%以上の成長を示すとの予測を発表しています※。

微細藻類ユーグレナは59 種類の豊富な栄養素を持つ健康食材として日本国内で販売を伸ばしています。また、同社では2018 年までの中期経営目標の海外戦略として「アジアを中心とした海外にてユーグレナ食品の市場規模を300 億円にする」ことを掲げており、中国での販売を積極的に展開することで経営目標の達成を目指します。※株式会社矢野経済研究所調べ詳細は以下の通りです。

◎微細藻類ユーグレナの「新食品原料」登録について
■登録に関する公告日
2013 年11 月26 日(中国現地)
■登録対象
微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)
■登録名
裸藻(読み:ローツォア)
■新食品原料について
中国衛生部(日本の厚生労働省に相当)の施策により、中国国内で食習慣のないものや新技術による食品原料などは新食品原料として審査を受けることになっています。今回は同制度により、同社が生産する微細藻類ユーグレナが「新食品原料」の登録認可を受けました。※2013 年10 月に、制度名が「新資源食品」から「新食品原料」に変更されました。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎株式会社ユーグレナ 2013年12月3日発表
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1110937

2013年12月06日 16:55