健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

アクチン細胞骨格の動態が脂肪分化を誘導するメカニズムを解明/慶応大、科学技術振興機構

慶應義塾大学医学部先端医科学研究所(遺伝子制御研究部門)の信末博行(のぶすえ ひろゆき)特任助教、佐谷秀行教授らの研究チームは、日本大学生物資源科学部応用生物科学科の加野浩一郎教授らとの共同研究により、アクチン細胞骨格の動態変化が脂肪細胞への分化を誘導するという現象の分子機構について解明しました。

本研究では、『細胞は、はじめに特異的な転写因子の発現によって機能的および形態的に分化する』というこれまでの細胞生物学の常識を覆し、細胞の形態変化によって、その細胞の運命が決まるという、一見逆とも思える現象のメカニズムの一端を明らかにしました。今後、癌細胞の基となる癌幹細胞の形態を変化させて、機能的な正常脂肪細胞へと導く(終末分化させる)という新たな癌治療戦略の開発に寄与する可能性が期待されます。

本研究成果は英国科学専門誌「Nature Communications」オンライン版に2014年2月26日(英国時間)に掲載されます。

※詳細は下記URLをご参照ください
◎慶應義塾大学 2014年2月26日発表
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2013/kr7a4300000d4elt-att/140226_1.pdf

◎慶應義塾大学オフィシャルサイト
http://www.keio.ac.jp/ja/

◎独立行政法人科学技術振興機構 オフィシャルサイト
http://www.jst.go.jp/

2014年02月27日 09:40

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール