健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

「本搾り青汁 ケールと厳選果実の充実セット」数量限定販売/ファンケルヘルスサイエンス

株式会社ファンケルヘルスサイエンスは2014年6月20日(金)、国内産ケール100%の青汁と、厳選された国内産100%果汁を混ぜてお召し上がりいただくことで、1 日に必要な緑黄色野菜量(120g 以上)※1と果実量(200g)※2を同時に摂取することができる「本搾り青汁 ケールと厳選果実の充実セット<価格:3,950 円(税込)/30 袋入り(本搾り青汁 プレミアム冷凍100g×15 袋、国内産果実100%果汁100g×15 袋)>」を通信販売で数量限定発売します。

同製品は、健康が気になる方にはもちろんのこと、青汁と果汁にビタミン・ミネラル・抗酸化成分が豊富に含まれているため、夏バテ防止や疲労回復、紫外線対策をされたい方にも最適です。
※1 厚生労働省推進「健康日本21」より ※2 「食事バランスガイド」より

20140530_r01.jpg

製品特長
◆国内産ケール100%の青汁と、厳選国内産果実100%果汁を贅沢に使用!
ファンケルの青汁は、国内産ケールを100%使用。同社のオリジナル製法である「ファンケルマイルドテイスト製法」により、ケールの旨味やコクを残しつつも、特有の苦みやえぐみは低減させることで、飲みやすさを実現しています。また、青汁と混ぜてお飲みいただくセットの果汁は、国内産果実※3をブレンドした100%の果汁を使用しており、パインアップルベースのしっかりとした甘味と酸味が特長で、コクがありながらも爽やかな味わいです。※3 国内産果実:青森・岩手・長野県産「りんご」、沖縄県産「パインアップル」、宮崎県産「日向夏」、四国・九州産「ゆず」、長野県産「プルーン」

◆1 日に必要な緑黄色野菜量と果実量を同時に摂取!
調査結果によると、1 日に必要な緑黄色野菜は120g 以上※1、果実類は200g※2という目標摂取量に対し、一人当たりの平均摂取量は、緑黄色野菜が90.9g、果実類が108.5g※4 と不足しております。同製品は、青汁と果汁を混ぜて1 日1 杯(200g)飲むだけで目標摂取量を摂ることができるため、緑黄色野菜だけでなく果物不足も解消できます。※1 厚生労働省推進「健康日本21」より ※2 「食事バランスガイド」より ※4 厚生労働省「平成24 年 国民健康・栄養調査結果」より

◆ケールと果実の機能成分が、夏バテや紫外線対策にアプローチ!
ケールと果実にビタミン・ミネラルや抗酸化成分、クエン酸が豊富に含まれているため、同製品は、夏バテ予防や疲労回復、紫外線ダメージ防止に働きかけます。また、同製品の「本搾り青汁 プレミアム冷凍」には、ミネラルの吸収をサポートする同社独自成分「植物性ツイントース」を配合し、青汁に豊富に含まれるミネラルの吸収率を高めます。

【お問合せ】
株式会社ファンケル
社長室 IR・広報グループ
三澤敬之・佐藤竜介
TEL:045-226-1230 FAX:045-226-1202

※詳細は下記URLをご参照ください
◎株式会社ファンケルヘルスサイエンス 2014年5月30日発表
http://www.fancl.jp/company/news/pdf/2014.05.30_honshiboriaojirukeerutogensenkajitsunojyuujitsusetto.pdf

◎株式会社ファンケルヘルスサイエンス オフィシャルサイト
http://www.fancl.jp/

2014年05月30日 17:12

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール