健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

砂糖を使わず果実と果汁で作った「アヲハタ まるごと果実」シリーズを刷新/キユーピー

キユーピー株式会社は、砂糖を使わず果実と果汁で作った「アヲハタ まるごと果実」シリーズを全面リニューアルします。

「まるごと果実」シリーズは2012年秋の発売以来、生のフルーツのようなみずみずしい果実感と砂糖不使用のコンセプトが市場に受け入れられ、売上は前年比2倍以上で推移しています。今回のリニューアルでは【1】「ファインフルーティー製法」を新たに導入し、果実本来のもつみずみずしさとフルーティーな香りを向上させるとともに、【2】使用実態にあわせた内容量の増量を行い、伸張が続くシリーズのさらなる強化を図ります。

20140704_r03.jpg

~ファインフルーティー製法 3つの技術~

20140704_r001.jpg

【1】加熱量低減技術(新技術)
製造中の加熱を抑えてフルーツへのダメージを低減します。フレッシュな果実感と鮮やかな色あいを実現し、香りの飛散と成分の変化を抑えます。

 

【2】香り戻し技術
製造工程中で蒸発するフルーツの「さわやか・フルーティー」な香りをジャムの中に戻します。生の果実に近いフルーツ本来の香りに近づけます。

【3】酸素濃度低減技術
充填時にジャムと蓋との隙間に残る酸素を窒素で置換します。容器中の酸素を極力減らして風味の劣化を抑え、鮮やかな色あいとフルーツ本来の香りを長持ちさせます。

 

使用実態にあわせて、内容量を増量  「まるごと果実」シリーズは糖度が35度未満で、一般的な低糖度ジャム(※1)と比べても糖度が低いのが特徴です。みずみずしい果実感があり食べやすいことから、一般的なジャムに比べて1回あたりの使用量が多い傾向にあります。

20140704_r02.jpg

また、食べ方意向調査によると、パンにつけて食べるだけでなく、ヨーグルトやアイスクリームなどのデザートに添えるほか、「そのまま食べる」など商品の特徴であるみずみずしい果実感を楽しむ食べ方が広がっていることが分かります。このような使用実態に合わせて、たっぷり使えるように内容量を増量(210g⇒250g※いちごは255g)することで使いやすさの向上をはかります。
 ※1 日本ジャム工業組合の規格による分類:低糖度ジャム=糖度40度~55度未満

 

———————————–
  商品の概要は以下の通りです。
———————————–
◎商品名、価格など
アヲハタ まるごと果実 白桃 250g
アヲハタ まるごと果実 あんず
アヲハタ まるごと果実 ブルーベリー
アヲハタ まるごと果実 マンゴー
 
賞味期間:10ヵ月
参考小売価格:税抜:398円、税込:430円

◎出荷日:
2014年8月18日(月)から全国に出荷

◎商品特徴:
 砂糖を使わず、果実と果汁で作った自然な甘さのフルーツスプレッドです。新技術を取り入れた「ファインフルーティー製法」により、みずみずしい果実感とフルーティーな香りがさらに引き立ちました。パンに塗るだけでなく、ヨーグルトやアイスクリーム、料理の材料など様々な場面に使用できます。
 
・いちご
 いちごのやわらかな果肉感と華やかな香りが楽しめます。1瓶に約19粒分のいちごを使用しています(1粒8gで換算)。糖度約34度。

・白桃
 生の桃のようなやわらかい果肉感と芳醇な香りが楽しめます。1瓶に約0.9個分の白桃を使用しています(1個160gで換算)。糖度約30度。

・あんず
 あんずのしっかりとした果肉感と甘酸っぱい風味が楽しめます。1瓶に約5.3個分のあんずを使用しています(1個28gで換算)。糖度約33度。

・ブルーベリー
 大粒ブルーベリーの食感とベリー特有の甘酸っぱい風味が楽しめます。1瓶に128粒分のブルーベリーを使用しています(1粒1.2gで換算)。糖度約33度。

・マンゴー
 マンゴーのとろける果肉感と風味が楽しめます。1瓶に約0.7個分のマンゴーを使用しています(1個205gで換算)。糖度約30度。 
 
◎ターゲット:
 ジャムが好きでたくさん食べる方や、より自然なフルーツのおいしさを味わいたい方、いつもとは少し違ったジャムを楽しみたい方が主なターゲットです。
 
◎販売目標:
10億円(シリーズ5品/小売ベース/年間換算)

※詳細は下記URLをご参照ください

◎キユーピー株式会社 2014年7月4日発表
http://www.kewpie.co.jp/company/corp/newsrelease/2014/35.html

◎キユーピー株式会社 オフィシャルサイト
http://www.kewpie.co.jp/

2014年07月04日 15:31

健康・美容イベント情報

健康博覧会2022(第40回)
2022/2/8(火)~10(木)
東京ビッグサイト 南ホール全館