健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

シャンプー専門店 新感覚リラクゼーション「熱湯シャンプー」に緑茶スペシャル登場/ピカイチ

20141120_r02.jpg

株式会社ピカイチは、同社が運営するシャンプーメニュー専門店『シャンプーワン』において、寒さ対策メニュー「熱湯シャンプー」を、2015年3月末日まで期間限定で提供しています。

期間中は、育毛効果に優れた“緑茶スペシャル”も同時提供致しています。夏に比べ代謝の悪い冬は、老廃物や脂質が頭皮からデトックスされずに詰まりやすい状態にあり、ニオイや頭皮トラブルに見舞われやすい季節です。熱湯と温かい緑茶がリラックス&デトックスをもたらし、健康な頭皮状態へと導きます。寒さ対策以外にも疲労回復効果まで高めてくれる「熱湯シャンプー」と、育毛効果を高めニオイのもとまで除去してくれる“緑茶スペシャル”。

【「熱湯シャンプー」とは?】
<ヤカンから注がれるのは、なんと50度の熱湯!>
「熱湯シャンプー」は、ホットタオルの上から50度の熱湯をヤカンでかけ流し、まるで温泉に入ったように体を芯からポカポカにする、寒い冬にピッタリの新感覚寒さ対策メニューです。頭皮には毛細血管が集中しているため、集中的に温めることで全身の血行促進・代謝促進に効果的です。ただ、地肌に直接熱湯はもちろんNG。しかし「熱湯シャンプー」はホットタオルの上からかけ流すので、「頭皮を蒸す」状態を作り出します。夏に比べ、汗の分泌機能や老廃物のデトックス機能が低下した頭皮環境を改善し、冬の頭皮トラブルの予防につなげていきます。新たに登場した“緑茶スペシャル”は、その名の通り、温かい緑茶を急須で頭皮へ掛け流します。

【緑茶が持つ優れた育毛効果+α】
緑茶による洗髪は、男性ホルモンを抑制し、余分な皮脂の除去するため育毛に繋がると言われています。男性ホルモンに働きかけ薄毛の原因となる酵素の、強力な阻害剤に(緑茶が)なるという研究結果も出ているほどです。また、緑茶に含まれるカテキンには殺菌効果や血行促進効果があると言われています。カテキンの効果で頭皮の血流を活発にし、発毛を促します。そして世のお父さんたちに朗報なのが、緑茶には加齢臭の原因となるノネナールと言われる物質を吸着する効果があるため、頭皮のニオイ対策にもなります。

【体を温めることで「血行促進」「疲労回復」Wの効果】
<頭皮の血行促進が育毛の第一歩!>
抜け毛や薄毛の主な原因は、頭皮の血行不良による頭皮環境の悪化です。逆に頭皮の血行を良くすることが、様々な頭皮トラブルを防ぐ最も効果的な方法になります。「熱湯シャンプー」は「頭皮を蒸す」ことにより、頭皮を温め、毛細血管を拡張させ、血行促進につなげるので、育毛効果が非常に高くなります。

<ヒートショックプロテイン活性で疲労回復!>
ストレスや病気で傷ついたタンパク質を修復したり、疲労物質である乳酸を取り除いたりと、体を元気にしてくれるタンパク質 ヒートショックプロテイン。体内に多くのヒートショックプロテインがあれば、自己治癒力を高め、健康な体になれると言われています。ヒートショックプロテインの一番効果的な増やし方は“体を温めること”。「熱湯シャンプー」で全身を温めることで、このヒートショックプロテインを活性化させ、疲労回復効果を高めます。

■熱湯シャンプーコース詳細
温感クレンジング(専用ジェル使用)→ホットタオル→熱湯かけ流し→シャンプー→頭皮マッサージ
所要時間:25分
料金:2,700円(税込)
※緑茶スペシャルは+540円。熱湯掛け流しが緑茶での施術になります。

※詳細は下記UR(PDF)Lをご参照ください
◎ プレスリリース掲載ページ  2014年11月20日
http://www.atpress.ne.jp/view/54021

2014年11月20日 15:04

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール