健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

口腔ケアから考える在宅介護の在り方について/日清オイリオグループ

日清オイリオグループ株式会社は、トロミ調整食品などの高齢者・介護対 応食品を製造・販売しております。同社では、高齢者の方と同居しているご家族や介護をして いる方に関心を持っていただきたい事柄について、専門家にインタビューを行い、その内容を とりまとめ発表しました。在宅歯科医療をうまく使って「食べられる口をつくる」ことの大切さや、日常的な口腔ケアの必要性など、歯科医師の視点から在宅介護の現場で役立つ情報です。

【ポイント】
1.在宅歯科医療の重要性
・超高齢社会を迎えた日本において、在院期間の短縮が求められ、入院中に十分な「口から食べる」リハビリテーションが受けられない場合が出てきました。それを在宅医療が担うようになってきた のです。
・実際の生活環境の中で診療・評価し、診療方針を決められる利点のある在宅歯科医療の重要性が高まっています。

2.口腔ケアの必要性
・「口腔衛生」を保ち、「口腔機能(ごえんせいはいえん)」や「口腔環境」を維持・回復させる口腔ケアは、虫歯や歯周病の予防だけでなく、誤嚥性肺炎(※)の予防など全身の健康状態を守るためにも重要です。
・特に高齢者の口腔ケアは「口腔衛生」「口腔機能」「口腔環境」のどこに問題があるか、どこの改善 が必要かなどを明確にし、ケアする必要があります。
※誤嚥性肺炎とは、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎のことです。

3.「食べられる口をつくる」ためのアプローチ
・口の状態が気になったら、まずは、主治医、歯科医師、ケアマネジャーなど身近な専門家に相談を しましょう。
・「食べられる口」をつくる歯科医師と歯科衛生士による専門的なケアと、その効果を発揮するために 大切な日常的なケア(日々の生活の中で日常的に行う口腔ケア)を組み合わせてアプローチしま しょう。

4.健康で楽しい生活を送るために
・いつまでも口から食べることができるよう、在宅歯科医療を上手に使った口腔ケアで「食べられる口」 を維持して健康で楽しい生活を送りましょう。

お話を伺った専門家
菅 武雄(すが たけお)先生
鶴見大学 歯学部 高齢者歯科学講座 講師

1.在宅歯科医療の重要性
———————————–
◆在宅医療の現状と今後について
日本は平成19年に超高齢社会を迎え、今後、医療機関や介護保険施設などの受け入れに限界 が生じることが予想されています。また、自らすすんで住み慣れた家や環境で療養したいと思う方も 増えていくでしょう。平成25年7月の時点で約350万人(表1)の要支援者や要介護者が、実際に在宅 医療を受けていますが、今後、自宅で疾病や障害を抱えながら生活する人が増加していくと予想さ れる中、在宅医療の重要性は利用する側だけではなく医療機関においても高まってきています。

◆在宅歯科医療の役割
今の急性期医療(※)では、病床数の不足と医療の向上、医療費削減により入院期間がどんどん 短くなっています。これにより、病院で十分なリハビリテーションを行う時間がとれず、口から食べら れなくなったままの状態で退院する方が多くなりました。加齢により外来歯科に通うことが難しくなっ た方も含め、これらの方に在宅で「食べること」の再開や「食べられる口をつくる」ためのリハビリ テーションを実施していく必要があり、在宅歯科医療が重要な役割を占めるようになってきました。
※病気の発症で急激な不健康状態になったため、早急に病気の進行を止めたり、回復する目処をつけるための医療

◆在宅歯科医療の利点
在宅歯科医療とは単に「患者が病院に行けないから、医師や歯科衛生士が自宅を訪問する」と いうだけではありません。この医療には、診療方針を決めるために最も重要な「実際の生活環境 の中での診療・評価」が行える利点があります。生活環境やその中でしか分からないこと(何が出 来て何が不自由になっているのかなど)を知ることで、患者に最適なケアやリハビリテーションが 行えます。

2.口腔ケアの必要性
———————————–
口腔ケアは虫歯や歯周病予防を行うだけでなく、唾液分泌の促進や誤嚥性肺炎の予防、食べる機能・話す機能の維持など、全身の健康状態を守るためにもとても重要です。口腔ケア=歯みがきと思われがちですが、口腔ケアでは「口腔衛生」を保ち、「口腔機能」「口腔環境」 を維持・回復することが大切です。(表3)特に高齢者の口腔ケアを実施する場合、「口腔衛生」、「口腔機能」、「口腔環境」のどこに問題があり、どのような改善が必要か、どこを維持する必要があるのかなどを明確にし、ケアを実施する必要があります。

◇ 口腔衛生
口腔ケアの基本で、口の中をきれいに保つことです。日常生活で歯みがきや歯間ブラシ、ぶくぶくうがいなどにより、プラーク(歯垢=細菌のかたまり)をコントロールすることが必要です。
◇ 口腔機能
噛むこと(咀嚼)・飲み込み(嚥下)・発音を中心とした口の機能のことです。食べられる口づくりには、この機能の維持・回復が大切です。
◇ 口腔環境
口腔環境を悪化させる最も有力な原因は「口腔乾燥」です。口腔乾燥状態のケアなどによる、口腔環境の維持・回復が大切です。

◆ 「口腔衛生」を保つために
口腔衛生は食べかすを取り除くことだけでなく、虫歯や歯周病の原因となるプラークを減らすことが目的です。単に歯ブラシでみがけば良いということではなく、正しい歯みがきを行い、しっかりと歯がみがけている状態にすることに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなども使ってしっかりとプラークを減らす必要があります。しかし、日々の手入れで常にこの状態にすることはとても難しいのが実情です。そのため、定期的に歯科診療所でメンテナンスしてもらうことも大切です。

◆ 「口腔環境」の維持・回復のために
高齢者の多くは口の中が乾燥しがちです。口の乾燥は重症化すると痛みを伴い、スポンジブラシや指が触れるだけでも痛みを感じるようになります。さらに、口の中が乾燥していると食べかすや痰がこびりつき、口の中全体が汚れと乾燥でひどい状態になってしまいます。そうなった状態で無理に汚れを落とそうとすると粘膜から血が出たり、痛みを感じるため、高齢者は口腔ケア自体を拒否するようになったりします。保湿を行い、乾燥を防ぐことは口腔環境を維持する上でとても重要です。

◆口腔ケアで誤嚥性肺炎防止
日本において、肺炎による死亡者数はここ数年で増加傾向にあり平成23年より、死因の第3位に肺炎が上がってきました。肺炎の発症率は加齢とともに増加し、肺炎で亡くなる方の大部分は65歳以上の高齢者とも言われています。全国の施設入所者および在宅療養者を対象にした調査では、介護度が高くなるほど、要治療歯が増加し、口腔清掃状態が低下し、誤嚥性肺炎の危険性も高まるという結果になりました。超高齢社会になり、脳疾患や認知症による摂食・嚥下障害のある方も増えていますので、早めに専門家に相談し口腔状態の確認や口腔ケアを実施するようにしましょう。

3.「食べられる口をつくる」ためのアプローチ
———————————–
◆疑問や不安は専門家にまず相談
在宅介護をご家族のみで行っている場合、介護に関する情報や知識量が不十分であり、閉鎖的な環境になりがちです。ご家族が要介護高齢者の口の状態が気になっていたとしても「誰に相談して良いのか分からない・・・。」という状態になってしまうことも少なくありません。在宅医療は1人の要介護者や患者に、より良い医療やサービスが提供できるよう、医療関係の専門家たちが他職種との連携を図りながら行われます。在宅に関わる専門家の誰に相談しても、対応出来るよう、例えばケアワーカーに口の状態が気になると話せば、歯科医師に連絡してもらえるように連携がとられていますので困ったことがあった場合は身近な専門家にまず相談するということが大切です。

◆専門的なケアと日常的なケアの組み合わせが大切
「口の中をみると生活の乱れもわかる」というくらい口腔ケアを行うことは重要であり、それには「専門的なケア」と「日常的なケア」のバランスがとても大事です。日常的なケアにより口腔衛生が保たれていないと歯科疾患の治療は難しくなります。そして日常的なケアにより口から食べる機能の維持向上の訓練が無ければ口から食べることのリハビリテーションが進みません。つまり、専門的なケアの効果を発揮するためには日常的なケアがとても重要なのです。その日常的なケアを実施するのは、ご家族や周囲の方です。「食べられる口」を意識して日常的なケアに関わることが大切です。

4.健康で楽しい生活を送るために
———————————–
脳梗塞などの病気により、一時的に飲み込む機能に障害が出たり、頭頸部の癌の手術後に食べることが困難になることがあります。これらの治療で歯科医は、治療の早い段階で「食べられる口をつくること」と、「口を感染源にしないこと」を基本とし、口から食べることの再開を最も重要視します。要介護高齢者の場合、脱水と低栄養は死活問題です。もともと歯科治療や口腔ケアは、十分な栄養をとり、必要な水分を安全に飲むために行われます。口から食べている方でも、現在食べている食品や調理方法が高齢者の食べる機能と合っていない場合、例えばミキサー食を食べてムセているなどの場合にはトロミ調整食品の利用や、ゼリー食に変更するなど、適切な食形態で提供する必要があります。手作りするのが大変という方にはエネルギーやタンパク量が計算されたムース状の介護食も販売されています。いつまでも口から食べられるということは、多くの方が望むことであり、食べることは楽しみや生きがいになります。「食べられる口をつくる」ため、在宅歯科医療を上手に利用して口腔ケアを行い、健康で楽しい生活が送れるようにしていただきたいと思います。

※詳細は下記UR(PDF)Lをご参照ください
◎ 日清オイリオグループ株式会社 2014年11月20日発表
http://www.nisshin-oillio.com/goods/support/pdf/letter_5.pdf

◎ 日清オイリオグループ株式会社
http://www.nisshin-oillio.com/

2014年11月20日 16:41

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール