健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

耐酸性カプセル入りビフィズス菌を摂取による血液透析患者の便秘改善と心理変化による QOL 向上作用を明らかに/森下仁丹

森下仁丹株式会社は、「ビフィズス菌による透析患者の便秘改善作用と心理変化による QOL 向上作用」について、「第 60 回(社)日本透析医学会学術集会・総会(2015 年 6 月 26 日(金)~6 月 28 日(日)、於:パシフィコ横浜)」にて、桃仁会病院、兵庫県立大学、淀川キリスト教病院と共同発表いたしました。

これまでの研究により、同社のビフィズス菌を生きたまま腸まで届けるシームレスカプセル製剤(以下、ビフィズス菌カプセル製剤)の摂取によって、血液透析患者の血中リン値が低下すること(Ogawa T., et al., Clin Kidney J, 5:373, 2012)や腸内環境を改善することが報告されています。同研究では、慢性的な便秘を有する慢性維持血液透析患者 24 名(解析対象者)に、8 週間ビフィズス菌カプセル製剤を摂取して頂いたところ、21 名(87.5%)に便秘の改善が認められました。

また、摂取前と比較して、心理面を評価するスコア(The Patient Assessment of Constipation Quality ofLife Questionnaire(PAC–QOL))が有意に低下し、QOL の向上が認められました。さらに、早期に便秘が改善した群(1~4 週目に便秘改善)では、血清リン値が有意に低下する作用もみられました。

20150629_03.jpg

※詳細は下記URLをご参照下さい
◎森下仁丹株式会社 6月29日発表
http://www.jintan.co.jp/file/newspdf000122.pdf
◎森下仁丹株式会社 公式サイト
http://www.jintan.co.jp/

2015年06月29日 15:08

健康・美容イベント情報