健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

黒ウコン成分が長寿遺伝子由来酵素SIRT1を活性化することを実証/(株)常磐植物化学研究所、東京大学大学院農学生命科学研究科

黒ウコン由来成分によるSIRT1酵素の活性化について、東京大学大学院農学生命科学研究科の永田宏次教授との共同研究が権威ある学術雑誌のひとつ「Nature」 の姉妹紙「Communications Biology」 に掲載されました。

株式会社常磐植物化学研究所は東京大学大学院農学生命科学研究科の永田宏次教授との共同研究で、黒ウコン(Kaempferia parviflora)由来の成分ケルセチン 3,5,7,3′,4′-ペンタメチルエーテル(略称:KPMF-8)が健康寿命の伸長に関わる長寿遺伝子から作り出されるSIRT1酵素を直接活性化することを初めて実証しました。
この活性化効果はレスベラトロールよりも約 6 倍高く、また、KPMF-8が細胞膜を透過して、細胞内のSIRT1酵素を直接活性化することを初めて示しました。

同研究の成果は、食品成分の摂取によってSIRT1酵素を活性化できることを示唆するものであり、健康寿命の伸長に貢献できる可能性があります。

・アブストラクトURL
https://www.nature.com/articles/s42003-021-01705-1

【詳細は下記URLをご参照ください】
株式会社常磐植物化学研究所   2021年2月19日発表
株式会社常磐植物化学研究所   公式サイト
東京大学大学院農学生命科学研究科    公式サイト

2021年02月22日 10:49

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

健康・美容イベント情報

フーデックス ジャパン2021
2021/3/9(火)~12(金)
幕張メッセ

第3回 食品安全対策展
2021/3/9(火)~12(金)
幕張メッセ 7・8ホール

第2回 京都インターナショナル・ギフト・ショー 2021
2021/3/10(水)~11(木)
みやこめっせ(京都市勧業館)全館

東京ケアウィーク’21
2021/3/17(水)~19(金)
東京ビッグサイト 青海展示棟