健康と美容のニュースなら健康美容EXPOニュース

化粧水を毛穴に浸透しやすくするための技術を開発/ポーラ化成工業

ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担うポーラ化成工業株式会社は、化粧水を毛穴内部に効率的に浸透させるための研究で以下の 2 点を解明しました。

【1】狭い毛穴の入り口を突破するのに最適な、製剤の肌への “広がりやすさ” に関する特性値の範囲

【2】化粧水を毛穴内部の皮脂成分となじみやすくする保湿成分

同知見を活用することで、毛穴の狭い入り口を突破し、さらに皮脂に富んだ毛穴の内部に行き渡ると期待できる化粧水技術の開発に成功しました(図 1)。本技術は、多くのお客様が抱える毛穴悩みに対応できる切り札として、今後、ポーラ・オルビスグループの商品やサービスに活用されます。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 女性の肌悩み 第 2 位 “毛穴の目立ち”
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ポーラ文化研究所の調査によると、15~74 歳女性の 1/3 以上が毛穴に関する悩みを抱えています(補足資料 1)。毛穴悩みの改善には、スキンケア成分を毛穴内部へ効率的に届ける技術が役立つと考えられます。しかし、毛穴浸透性を体系的に研究した例はほとんどなく、いまだ発展途上です。植物エキスなどの多くは水溶性であり、それらを配合しやすいのは水をベースとする化粧水などの製剤であることから、ポーラ化成工業は化粧水を対象として毛穴に浸透しやすくするための条件について研究しました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 化粧水が毛穴内に浸透しにくい 2 つの理由
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
化粧水が毛穴に浸透しにくいと考えられる第一の理由は、水の表面張力※1 です。純粋な水は丸い水滴になろうとする表面張力が強く働くため、肌になじんだり広がったりしにくい性質を持ち、毛穴の入り口※2 のような非常に小さな開口部には特に入り込みにくいと考えられます。また、流動性も液体の広がり方に影響します。したがって、毛穴の入り口を突破させるには、なじみやすさ・広がりやすさに関連する「表面張力」と、流動性つまり「とろみ(粘度)」両方のコントロールが鍵であると考えました。第二の理由は、毛穴内部が皮脂に富んでいる点です。仲が良くないことを「水と油」と言うように、水は油になじまないため、たとえ化粧水が毛穴の入り口を突破できても、すみずみまでの拡散は期待できません。このことから、毛穴内部で拡散させるには化粧水を油になじみやすくする工夫が必要と考えました。毛穴への浸透技術構築の鍵は、これら 2 つの課題を同時に解決することにありました。

※1 液体の表面をなるべく小さくしようとして表面に働く力。
※2 最も小さくて 0.1 mm 程度

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 毛穴の狭い入り口を突破する条件を明らかに
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「表面張力」と「とろみ」をさまざまに変えて試験し、最適な条件の範囲を明らかにしました。また、同社で独自に開発した肌との親和性に優れた天然由来成分を活用することで、条件を満たす化粧水技術を構築することに成功しました(補足資料 2)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■ 皮脂になじみやすくする保湿成分を発見
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
心地よい保湿感触を維持するため、化粧水に使われるさまざまな保湿成分の中から、水溶性成分を皮脂成分中に微細に分散(可溶化)させる成分を見出しました(補足資料 3)。本研究で得られた知見は、毛穴に関する肌悩みの解消に役立つと期待されます。ポーラ化成では今後もお客様のニーズに応える製剤研究を行っていきます。


【詳細は下記URLをご参照ください】
ポーラ化成工業株式会社 2022年1月11日【PDF】発表
ポーラ化成工業株式会社 公式サイト

2022年01月11日 19:40

健康・美容イベント情報

【オンラインセミナー】 第21回 tokiwaウェビナー「 話題の『フェムテック』って知ってる?女性のウェルネスサポートも植物のチカラでフェムケア! 」
2022/1/19(水) 16:00~16:30
主催:株式会社常磐植物化学研究所

【オンラインセミナー】 第17回 ニチモウバイオティックス webセミナー「免疫バランスが不妊・不育の原因に?イムバランス による不育対策」
2022/1/20(木)13:30~(約30分間)
主催:ニチモウバイオティックス株式会社

FOOD STYLE Kansai
2022/1/26(水)~27(木)
インテックス大阪

nano tech 2022
2022/1/26(水)~28(金)
東京ビッグサイト東ホール&会議棟

中小企業マーケットTOKYO2022~アフターコロナの商品・サービス提案~(オンライン1/17~31)
2022/1/26(水)~27(木)
東京ビッグサイト 東1ホール