葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムを確認 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 原料 > 葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムを確認

   注目ワード: インフルエンザうつ放射能保湿ダイエット冷え美白スキンケア

葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムを確認

(株)東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、葛の花エキスTMの抗肥満作用メカニズムを確認し、第63回日本栄養・食糧学会大会において発表した。

葛はマメ科のつる性植物で、乾燥させた根が漢方薬の原料として葛根湯などに使用されている。葛の花エキスは、葛の花部から抽出して製造される機能性食品素材で、イソフラボンとサポニンを特徴成分として含んでいる。

同社は今回、京都大学農学研究科 河田照雄教授、並びに武蔵野大学薬学部 油田正樹教授との共同研究において、葛の花エキスの抗肥満作用メカニズムをin vivoで確認した。

第63回日本栄養・食糧学会大会(2009年5月20日(水)~22日(金)、長崎市茂里町ブリックホール、長崎新聞文化ホール、長崎文化放送(NCC)ホール)で、その結果を発表した。

■研究概要

 

0601-r3.jpg

7週齢の雄性C57BL/6Jマウスに葛の花エキス(PTE)を添加した高脂肪食(HF-PTE群)を14日間自由摂取させ、高脂肪食のみを与えた群(HF群)と比較した。

 

その結果、HF群と比較してHF-PTE群に有意な体重増加抑制、および内臓脂肪蓄積抑制がみられた。さらに、HF-PTE群において、HF群と比べて褐色脂肪細胞中のβ3-AR、並びにUCP-1mRNA発現量が有意に増加した。

このことから、葛の花エキスの抗肥満作用機序として、褐色脂肪における熱産生系の亢進が一因となっていることが示唆された。

同社では、今後も葛の花エキスの機能性をさらに解明し、肥満対策商品の開発に注力していく、としている。

2009年6月 1日 18:43 [原料]|[研究]

Tie2(タイツー)連載コンテンツFile-9

Tie2(タイツー)変形性膝関節症でも有効性を確

イベント・セミナー情報

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

ダイエットDVD&グッズ amazon 売れ筋ランキング
スリミンググッズ
1位:千年酵素 3箱セット 酵素×酵母 [サプリメント] 90包
1
千年酵素 3箱セット 酵素×酵母 [サプリメント] 90包
シーエスシー株式会社  \11400
3位:千年酵素 酵素×酵母 [サプリメント] 30包
3
千年酵素 酵素×酵母 [サプリメント] 30包
シーエスシー株式会社  \4800
※情報提供:Amazon.co.jp(情報は毎日1度更新)
※価格は変動している場合がございますので、ご了承下さい。
健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2015 健康美容EXPO [全研本社(株)] All Rights Reserved.