フロスト(すりガラス風仕上げ)容器を低コストで実現する技術を開発 健康美容ニュース【健康美容EXPO】

健康美容EXPO > 健康美容EXPOニュース > 健康美容ニュース:TOP > 容器・パッケージ > フロスト(すりガラス風仕上げ)容器を低コストで実現する技術を開発

フロスト(すりガラス風仕上げ)容器を低コストで実現する技術を開発

0628.jpg

化粧品・健康食品容器の企画、製造・販売を行うジュテック(株)(本社大阪府東大阪市、西原聖次社長)が、すりガラス風の容器加工技術を開発。「第1回国際化粧品開発展」(6月30日から7月2日=東京ビッグサイト)に同技術で加工したボトルを披露する。

同技術は、PET容器の表面にシルクスクリーン印刷ですりガラス風に仕上げるもの。シルクスクリーン印刷(シルク印刷)は、容器に文字やデザインを印刷する一般的な手法だが、この手法に同社が独自の技術を盛り込み、簡単に容器表面をすりガラス風に施すことを可能にした。

「PET容器をすりガラス風にする場合は、塗装という加工が一般的です。完成度は高いですが、塗装の加工費がシルク印刷と比べると高いのと、専用の治具を必要としますので、コスト面での負担が少なくありません。一方、弊社の新技術はシルク印刷を応用した独自技術によるものです。従って、通常のシルク印刷と手間は同じため、塗装と比較しコストを大幅に抑えられます。さらに小ロット対応も可能ですし、文字入れ、色づけなども自在でデザインの自由度が高いところがセールスポイントとなります」と同社担当者は説明する。

肝心の完成度は、目で見る限りでは、一般的なすりガラス容器とほとんど遜色がない。メインの材質にはPETを採用するため、容器を手にしたときに思わずその軽さに驚くほどだ。サイズは100ml、120ml、150ml、180ml、200mlの5タイプをラインナップする。現状では、ストレートタイプの容器のみ対応としているが、将来的にはさまざま形状の容器でも対応を目指す。

展示会では、容器の底部を球面に加工し、しっかり使い切れるタイプの容器も同時にお披露目する。なお、このシルクスクリーン印刷を応用したすりガラス風印刷技術は、特許を申請中。

2010年6月28日 11:36 [容器・パッケージ]|[美容・化粧品]

Tie2(タイツー)連載コンテンツ

Tie2(タイツー)

イベント・セミナー情報

2019年5月22日(水)~24日(金)
ifia JAPAN 2019

2019年6月26日(水)~28日(金)
第6回 国際 ヘルス&ビューティグッズEXPO【夏】

健康美容EXPO 特集

ダイエット・抗メタボ対応 新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット・抗メタボ対応
新素材アフリカマンゴノキ

ダイエット先進国・米国で年間250万個も売れているダイエットサプリの主要成分として、にわかに注目を集めている機能性原料が日本に初上陸する。 >>

健康業界・美容業界に関連するご意見・ご相談はお気軽に
Copyright© 2005-2019 健康美容EXPO [全研本社株式会社] All Rights Reserved.